祝春一番2006 第1日 5月4日(木)

春一番 2006年5月4日

開場前、入り口の外で演奏をしている人たちがいる。
雰囲気が盛り上がっていいですね。
音楽があると、みんなにこにこします。

11:00 開場
 トップは「ザ・たこさん」。
  →ザ・たこさん
 外見がアレですが、いい感じの音です。
 #1 ナイスミドル
  ♪ 働くおじさん、ナイスミドル〜
 #2 夫婦茶碗という曲をやったらしいのですが、それが2曲目か3曲目かわかりません。
 #3 ♪ ヨー!

ザ・たこさんが演奏している間に、私は買ってきたプチトマトを洗いに行きます。
入り口付近で、休刊中の『雲遊天下』「祝春一番2006」増刊号を販売していた。
200円だったので即座に購入。
この話はまた。

11:30 風太さん挨拶
 「新しいコンサート、祝春一番です!」
 確かに必ず「祝」が付いています。
 でも、春一番は春一番。
 
 「生き残った者だけで、楽しくやりましょう。」
 渡さん、恭蔵さん、らもさん……。
 やっぱりいなくなった人たちに向けて話しているように聞こえます。

11:35 セイコ・ミッチェル
 夕凪というバンドのボーカル、伊藤せい子さんのソロ・ユニットだそうです。
 「リリー・フランキー」みたいなノリで、セイコ・ミッチェルと名乗ってしまったとか。
 マンドリンを弾いているジョンソンさんが、男性なのか女性なのかしばらく悩みました。
 →夕凪 WEB SITE
 #1
 #2 菜の花 わたぼうし
 #3 アメリカンの木
 #4

11:59 NOTALIN'S
   (遠藤ミチロウ、石塚俊明、ロケット松)
 おお!
 いきなりという感じです。
 
 →遠藤ミチロウ公式ホームページ

 →石塚俊明 オフィシャル Web Site

 春一番の観客は、ミチロウさんには冷たいように思われる。
 合わない感じがする。
 なんだろうな。
 今ひとつしら〜っとした感じ。
 パンクとか嫌いそうだもんな。
 おっさんたち、80年代は何を聴いていたのかしら。

 #1 マリアンヌ
  ジャックスですね。
  ♪ 嵐の晩が好きさ
 #2 蛹化の女
  パッヘルベルのカノンです。
  ミチロウさんも他の歌詞で歌っていたはず。
  今日は戸川純さんバージョン。
 #3 天国の扉
  ♪ お前は一人で死ぬんだろ
  もちろん、ディラン御大の"Knockin' on Heaven's Door"。
  春一番のステージは、昔のディランやバンドの曲をやると盛り上がります。

12:35 桜川唯丸一座
  江州音頭です。
 →二代目桜川唯丸
  まだ人が少なくて、ステージ前で踊る人もまばらです。

日差しがきつく、とても暑くなっています。
冷たい飲み物を飲んで、会場内を散歩しました。

「祝春一番」になって変わったのは、毎日核となるようなテーマができたことでしょうか。
そう言ってはいませんでしたが、初日は「武蔵野レビュー」が中心でした。
中川イサトさんは午後出突っ張りといった感じ。
先に書いてしまうと、2日目と3日目がジャズで、4日目は「大塚まさじクロニクル」です。

 この項、続きます。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー


今年から会場の規制が厳しくなりました。
『雲遊天下』「祝春一番2006」増刊号で鏡孝彦さんが具体的に言っていました。
去年まで90dBだったのが、今年から80dBになったのだそうです。

終了時刻も、今は本当は6時半までだとか。
「周辺住民」からのクレームが絶えないから。
そうか、周辺住民か。
あの人達は春一番を決して歓迎していないんだな。

祝春一番 2006年5月4日

芝生席の端に、糸川燿史さんのスタジオが設置されていました。
最初は写真展というようなことを言っていたのですが、看板を背景に写真を撮る野外スタジオでした。
初日には出演者が入れ替わり立ち替わり、座って記念写真を撮っていました。
その後糸川さんはコンサートの間ずっと会場内を歩き回って撮影していました。

 →幻泉館日録:グッバイ・ザ・ディランII


12:58 ヤスムロコウイチ
 静かな弾き語りです。
 ノスタルジックな少年の歌が印象的でした。
 お話は自虐ネタの冗談が多くて面白い人でした。
 「京阪乗る人、おけいはんという宣伝があるんですが
  それじゃ、東急乗る人はおとうはんなんでしょうか」
 違います、おとうきゅうですね。
 →ヤスムロコウイチ Webサイト
 #1 ♪ ピンクの麦わら あみだにかぶった
   ♪ あの子はどこから来た 女の子
 #2 ♪ 明日の運動会の予行演習
 #3 ♪ 高いビルの上から見つけた天使が
 
13:31 よしだよしこ
 今日のお目当て、一人目です。
 ステージの上ではすっと背筋が伸びた、本当に凛とした方です。
  →よしだよしこのホームページ
 #1 道ばたでおぼえた唄
  一曲目はダルシマを演奏。
  ♪ 道ばたで私に 呼びかけてくれた
  ♪ ありがとう ダルシマ
 #2 ア・シ・オ・ト
  二曲目は座ってギターの弾き語り。
  松田幸一さんのブルースハープと西海孝さんのギターが加わります。
  亡くなった人が、今でも毎晩会いに来てくれる……。
  すぐに渡さんのことだとわかった。
  ♪ あなたはもうこれ以上
  ♪ 歳をとらない
  ♪ あなたの残した言葉のとおりに
  ♪ もうこれからは唄わないでいられる
 #3 崩れ落ちるものを感じるかい?
  三曲目は立ってギターの弾き語り。
  今度は武蔵野レビューの面々がバック。
  The Bandの"The Night They Drove Old Dixie Down"です。
  原詞とは世界が違うのですが、とてもいい歌詞だと思いました。
  ♪ 崩れ落ちるものを感じるかい?
  ♪ 鐘の音響く夜に
  ♪ 崩れ落ちるものがわかるかい?
  ♪ 皆が酔いしれる夜に Nananana......
  とても良かったので、翌日CDを買いました。
  
  →ジョーン・バエズ オールド・ディキシー・ダウン

13:49 律とイサト
  よしだよしこさんのあたりから、武蔵野レビューの時間帯に入ります。
  まず村上律さんと中川イサトさんで1曲。
  それにアリちゃん(松田幸一さん)が加わります。
 #1 ワゴンに乗れば
  ♪ 閉じこもってた冬の人
  ♪ 僕らのワゴンに乗らないか
 #2 悲しいね
  風太さんのバイオリンの代わりにと言って、アリちゃんが参加。
  昔の歌詞が恥ずかしいと、イサトさんが照れてました。
 #3 ダンラン
  武蔵野レビューです。
  会場は大盛り上がり。
  私も大好きな曲です。
  ♪ 君家ほっし僕自由ほっし
  ♪ ダンラン ディラン ドゥ
  ♪ 温もりをずっと絶やさないで
  ♪ ダンラン ディラン ドゥ
 #4 あっけ羅漢
  これも律さんの曲。
  律さんの詞は楽しいですね。
  ♪ 果てしなく あっけ羅漢と
  ♪ 波はよせ また返してる

14:17 中川イサト&大塚まさじ&大西ユカリ
  突然、不思議なメンバーのステージ。
  ああ、happy-happy丼(仮名)に見せたい!
 #1 ♪ お前がいなくなってから
   ♪ さみしくなったぜ この町も

このあたりで、春一名物「岡本」氏が騒ぎ出します。
たいしたものでユカリさん、「岡本」をいじって遊びます。
「ポロシャツをジャージにインしてはります〜」

  また武蔵野レビューの面々が加わります。
 #2 ♪ 私と波の間には
   ♪ さえぎるものは何もない

14:35 アリちゃん
 風太さんや加川良さんと同じ亥年生まれだそうです。
 若い!
 #1 子象の行進
 #2 ミケランジェロ
 #3 みつばちのダンス(Dance of the Honey Bees)
 #4 オレンジ・ブロッサム・スペシャル(Orange Blossom Special)
  列車の音を模する楽しい曲。
  フィドルもニイタカ調子がいいです。

この項、続きます。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー


春一番の場合、観客は昼間から酔っ払っている方が普通です。
暑い時は、冷たい飲み物で熱射病にならないようにするのです。
寒い時は、ガソリンを入れて体を温めるのです。

クーラーボックスを持っている人も多いです。
私も、雨具を買った時ついでに買いました。
大活躍しましたよ。
緑地公園駅近くのコンビニやスーパーでビールや氷を買う人も多いですね。

時々困った人もいます。
天王寺野音でやっていた70年代からの名物が「岡本」氏。
今年はちょっと暴れたりしていました。

天王寺の町は「岡本」氏に優しいのでしょう。
服部緑地は冷たいのではないかと思います。
彼がチケットを買うところも想像しにくいです。

佐藤GWAN博さんの時だけ野次を飛ばしていた酔っ払いもいました。
何か恨みでもあったのでしょうか。

2日目だったと思いますが、うろうろしたら挨拶をされました。
同世代のおっさんだと思うのですが、まるで見覚えがありません。
どなたかと間違えたのでしょうか。
不思議です。
身に覚えのある方は、レス付けてください。

祝春一番 2006年5月4日

15:01 佐藤GWAN博+佐久間順平
 サポートの順平さんは、フィドルにギターにマンドリンと、大活躍。
 GWAN博さんのガットギターが極端に立った構えなのがおもしろいです。
 →「青空と星空」
 #1 青空
 #2 ブラザー軒
 #3 ほんの小さな歌
 #4 あさりら

15:22 青木とも子+伊藤銀次
  曲ごとに二人が楽器を持ち替えます。
  終わってから青木さんと銀次さんが一緒に近くの席に座りました。
 #1 ♪ 黙っていてくれたなら
  青木(ピアノ)、伊藤(アコギ)
 #2 Gコード・ソング
  イサトさんが入ります。
  青木(アコギ)、伊藤(エレキ)
 #3 ♪ 空はきれい
  青木(アコギ)、伊藤(マンドリン)
 #4 生きているりんご
  青木(ピアノ)、伊藤(エレキ)
  茨木のり子さんの詩です。
 ♪ 生きている国 死んでいる国
 ♪ それをどうして見破ろう
 ♪ 似たり寄ったりの虐殺の今日から

15:40 林亭
 待ってました!

 →幻泉館日録:最初の花

 →幻泉館日録:林亭「わたしが一番きれいだったとき」(1973年)

 自ら奇跡の復活林亭と名乗っていました。
 74年と75年の春一番に出たのは高田渡さんのおかげですと、やっぱりしんみり。
 「林亭」の名の由来になった林ヒロシさんを、順平さんがステージから呼びます。
 「林君、来てませんか?」
 返事はなかったんですが、きっと会場には来ていたと思いますよ。
 小林政広監督の映画『フリック』では渡さんがブラザー軒を歌っています。
 それが、渡さんの最期の映像だそうです。

 →幻泉館日録:酒飲みの唄

 →幻泉館日録:フリック / バッシング

 →幻泉館日録:『フリック』(2004年)

 →Jumpei Sakuma Official Website

 #1 夜だから
 #2 名古屋まで12km
 #3 (谷間の村のメロディ、何だったかな?)
 #4 夜行列車のブルース

16:05 中川イサトwith武蔵野レビュー
 本日のメイン。
 →中川イサト ホームページ
 律さんはオリジナルメンバーではないと言いながら、ツアーもコンサートも参加しています。
 もうすぐ『あの日の風』というアルバムができるよという話でした。
 そのアルバムに入っている曲ばかり。
 聴いたことがあるなと思ったら、昨年の高田渡生誕会と似たラインナップでした。

 →幻泉館日録:高田渡生誕会57

 #1 吉祥寺1972
 #2 The Weight
  もちろんThe Bandのヒット曲です。
 #3 あの日の風
 #4 泣きたいほど寂しいよ
  ハンク・ウィリアムズの"I'm So Lonesome I Could Cry"です。
  よしだよしこさんが加わります。
 #5 生活の柄
  ハンバートハンバートが加わります。

16:44 シバ
 →シバ 流れ星通信
 どうも弱ってる時には「俺には俺がついている」と自分に言い聞かせるそうです。
 シバさん、弱っているのでしょうか。

 #1 ♪ ヘイ、ヘイ、ヘイ、ヘイ
 #2 ♪ 石垣に寄り添う 思い出のような君と僕
 #3 もしも
 #4 愛の国道20号線
 #5 謎の電車
  サポートをするはずの人たちがシバさんのことを忘れていたらしかったのです。
  非常に婉曲的に催促されて、あわててステージに集まりました。
  順平さん(フィドル)、キンちゃん(アコーディオン)、アリちゃん(カホン)、河合さん(ベース)

17:14 小坂忠+山本マーサン正明
 とても良かったです。
 →小坂忠のオフィシャルサイト
 #1 庭はぽかぽか
 #2 ほうろう
 #3 機関車
 #4 He comes with the glory
 #5 I believe in you
 #6 Sailing
  最後の曲はアンコール。
  既にギターを片付けてしまったので、「忠さん、ギターは?」の声が飛んでいました。

17:51 小谷美紗子
 ピアノの弾き語り。
 とても人気がありました。
 小さな人なので脚が届かなくて椅子を下ろしてもらってるのがかわいかったです。
 もうデビューして10年経つそうです。
 →odani misako official website
 #1 ♪ 自分より馬鹿な人を見て安心した
 #2 Stay
 #3 ♪ 柱に隠れてあなたを見てた
 #4 街灯の下で
 #5 嘆きの雪
  アンコールの準備をしていなかったので一番歌い慣れたデビュー曲を歌ってくれました。

これで一日目が終了です。
happy-happyさんが急に来られなくなったのが残念でした。
最初から最後まで観ることができたので、明日も開場前に来ようという気になっていました。

BlogPet

www.iraqbodycount.orgwww.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー


祝春一番2006 第2日 5月5日(金)

祝春一番 2006年5月5日

二日目も、当然のように開場時刻前に到着。
今日は入り口の前で演奏している人達がいないなあ。

11:09 キス・ミワコ
 →miwakokisu official website
 #1 ハゴロモ
 #2 梅唄
 #3 happybirdのテーマ
  佐久間順平さん、AZUMIさん、カオリーニョ藤原さんなどがサポートに入っていました。

11:19 光玄
 →光玄//公式ホームページ
 #1 ♪ 太陽の投げる影の長さが違うように
 #2 新長田の夜
  AZUMIさんが入ります。
 #3 エイジアンピープル
 #4 路地裏

11:39 有山じゅんじ+藤井裕+正木五朗+イカ松
 →有山じゅんじのありやまなページ!!
 →藤井裕 ホームページ
 #1 Ain't Nobody's Business
  有山さん、フルート吹いてます〜。
 #2 抱きしめよう
  アンコールみたいな感じでした。

12:12 NIMA
 ダンスです。

12:40 宮里ひろし
 ちっちゃいおっちゃんん!
 人気者よ。
 #1 ♪ 音楽をやってるやつ
   ♪ ろくなやつはいない
   ♪ ほぼ間違いない
  これで一番ウケたのは「吉田拓郎を好きなやつ」と歌った時です。
 #2 ♪ 島に住むおばあ達
   ♪ 元気に暮らしているか
  沖縄から出てきた宮里青年も、ちっちゃいおっちゃんになりました。
  天五中崎通でHeaven HiLLというバーをやっています。
  →幻泉館日録:Heaven HiLLにて
   ♪ シーサよ
   ♪ 島とおばあを守ってくれ
 #3 ブラックコーヒー
   ♪ 煙草がまずい こんな日は
   ♪ 不良だった兄貴の味がする
  後ろに座っていた子が「あのおっちゃんおもしろい」と言ってました。
 #4 へろへろ
  ステージにちっちゃいおっちゃんの仲間たちが集まって、盛り上がります。
   ♪ へろへろ へろへろ
   ♪ ああ いい気持ち
  本当に楽しいステージです。

この項、続きます。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー



祝春一番では、休刊した『雲遊天下』の読者応援団を募っていました。
そのために、高山さんと田島さんがずっと増刊号を売り歩いていました。
完売したようで、良かったですね。

 →「雲遊天下」その後

もうひとつ、バナナホール存続への署名を募っていたのだが、これがわかりにくい。
「司法の場へ持ち越され」たということです。
オフィシャルサイトの掲示板はかなり荒らされています。

 →Banana Hall ホームページ



13:02 AZUMI
 →AZUMI's room
 #1 CRAZY CRAZY LOVE
   ♪ 遠く離れたところにいても
 #2 ♪ ほんまにもうずっと
 #3 (ワークソングみたいな曲)
 #4 AZUMI NO MAMBO

2曲目の辺りで、happy-happyさん(仮名)と夏草さん(仮名)が会場に到着しました。
happy-happyさん、一年ぶり!
嬉しいですねえ。
初対面の夏草さん(仮名)の笑顔が、私の怪しさのためひきつっていたように感じたのは、気のせいでしょうか。

13:29 藤井裕
 驚いたことに、ベースの藤井裕さんのアコースティックギター弾き語り。
 なんだか高校生みたいに初々しいのです。
 最終日に伊藤銀次さんもアコギ弾き語りで登場しました。
 第二の人生、という言葉を思い出しました。
 楽譜が風に舞います。
 #1 ♪ 調子はずれの歌 歌う前に
 #2 君を描く
   「一番苦手なアルペジオで」という前置きがありました。
 #3 ひきこもり
 #4 ダンダン(ダンガン?)
  有山じゅんじさんと金子マリさんがサポートに入ります。

13:52 バナナホール代表・高木さん&代読青木さん
 スピーチです。
 事情を知らないので民事裁判の話がよくわかりませんでした。

14:03 坂田明トリオ
 坂田さんはアルトサックスとクラリネット、そして歌(語り/叫び)。
 いいなあ、坂田さん。
 あんまり入手できるCDがないんですよね。
 再プレスしてくださいな。
 「サイタマ!」とか叫んでました。

14:48 山下洋輔カルテット
 「ドラムとベースとアルトサックスの3人合わせて山下と同じぐらいの年齢」
 すごい!
 #1
 #2 ボヘミア・アフター・ダーク
 #3
 #4 クルド人の踊り
 山下さんの背中越しに演奏が見えたのが良かったです。
 顔が見えないんですが、手の動きがよく見えました。

15:43 三宅伸治+AZUMI+島田和夫+天野SHO
 →Shinji Miyake Official Site
 #1 前向きなブルースを!
  ♪ 夢は枯れ野をかけめぐる
 #2 It's a funky time
 #3 Roll Over Beethoven
  あれ? Johnny B. Goodだったっけ?
  有山さんがまたまたフルートで参加です。
 #4 いいことがあるといいね

この項、続きます。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー



野外で聴くジャズはいいですね。
アベちゃんこと阿部登さんがこの業界に入った出発は、山下洋輔トリオのマネージャーだったんだそうです。
だから、山下さんや坂田さんといった凄いプレイヤーを春一番で聴くことができるのです。

山下さんは「ジャズフェス」という言い方をしていました。
若手をツアーで鍛えているんですね。

祝春一番 2006年5月5日

16:21 小川美潮・ウズマキズウ
 →ファンが作る〜小川美潮公認サイト
 チャクラのボーカルとしてデビューした方ですね。
 ドリフターズの全員集合に出演して「福の種」を歌っていたのを思い出します。
 #1 ♪ 旅の始まりは
   ♪ 自分だけのものを
   ♪ 探し出すため
 #2 デンキ
 #3 花の答
 #4 やっとだね
 #5 私は宝
  「一番大事なところだったのに〜!
  歌詞を忘れて大騒ぎ。」
  元祖不思議ちゃんみたいな人でした。

16:56 はじめにきよし
 →はじめにきよし Official Site
 #1 はじめにきよしのテーマ(?)
  ギター+ピアニカ
 #2 青空
 #3 Shadow
  ピアノ+のこぎり
  のこぎりの音程、角度でカチッと決めてました。
 #4 土の記憶
  春一番では今まで15分やっていいと言われていたそうです。
  今年はそれが25分に延びたのが、とても嬉しいというお話。
  中村岳さんがカホンで参加。
 #5 はじめにきよしのテーマ(?)

17:34 大西ユカリと新世界
 →大西ユカリと新世界★オフィシャルサイト
 出ました!
 #1 アパッチ野球軍
 #2 ♪ 真っ暗で何も見えない
 #3 ♪ 真っ赤な太陽
   ♪ 私の太陽
 #4 Hold on I'm Coming
  中学生のころ、ハービー・マンなんかの演奏でよく聴いた曲です。
  懐かしい〜!
 #5 ♪ 黒く光った あたいのハート
   ♪ 連れていってよ どこまでも
 #6 エンディング
  「春一番」のサビをちらりと歌って止める。
  心憎い演出でした。
  プロやなあ。

18:?? 曽我部恵一
 →sokabekeiichi.com
 #1 恋に落ちたら
 #2 東京ストーリー
 #3 夜を越えて
 #4 テレフォン・ラブ
  最後にすごいゲストということで登場したのが……。
  わかりまへんねん。
  chappy-happyさん(仮名)は、「座長やわ〜!」と叫んでものすごく興奮してらっしゃいました。
  →小籔 千豊(こやぶ かずとよ)

これで二日目が終わり、我々は鶴橋へ向かうのでありますが、途中にちょっとイベントがありました。
happy-happyさん(仮名)と夏草さん(仮名)の路上ライブです。
おっと、道路じゃないか、駅に向かうみんなが通る、通り道ライブです。
夕闇迫る中、ケーナとチャランゴの音が響きます。
私もちょっとだけハーモニカを鳴らさせていただきました。

ごりごり野外ライブ 2006年5月5日

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー
www.iraqbodycount.orgwww.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org




昼も夜もずっと飲み食いし続けているので、駅の階段や、会場へ向かう緩い坂道で体が重く感じられます。
帰ってきて、やっぱり夜食や間食はやめようと決意した次第です、ハイ。

祝春一番 2006年5月6日

祝春一番2006も半分終わってしまいました。
ずいぶん早いなあ。
会場の外から、あの「春一番」が聞こえてきます。

11:09 ハンバート・ハンバート(佐藤良成、佐野遊穂)
 →ハンバートハンバート
 #1 春一番
 #2
 #3 ハンマーを持ったら
 #4
 #5 ♪ さあ踊ろうか
 #6 ♪ 悲しまないで

11:27 すぎの暢
 →Nob Sugino Official Website
 加川良さんの横ですごいスチールギターを鳴らしている方です。
 オフィシャルサイトにいろいろな楽器が掲載してあって楽しいです。
 #1
 #2 子供のころ地図を広げて

11:45 いとうたかお
 →いとうたかおホームページ
 #1 この世に住む家とてなく
  ♪ 帰る巣がない
  ♪ さすらうおいら 
  「去年、これで春一番が終わってしまうと思ってました。
   でも、非常に嬉しい騙され方でした」
 #2 ♪ 言いたいことがありすぎて
  2曲目はボトルネック奏法なのでオープンチューニングのギターに替えました。
  近くに座っていた人達もGがどうのこうのと、気になった様子。
 #3 ♪ 嵐の夜を待て
  松永孝義(b)、今井忍(g)、Annsan(perc)
 #4 ♪ からだが頼りの人たちは

12:17 宮武希+松永孝義+今井忍+Annsan)
 #1 マライカ
  アフリカの曲だそうです。
 #2 手の鳴る方へ
  本日初公開
 #3 カレンダー
  松永さんが弓でベースを弾きます。
  いいなあ。
 #4 Good Night
  恭蔵さんの曲。
  『KUROちゃんをうたう』では渡さんが歌いました。
  →KUROちゃんをうたう
  渡さんはずいぶんメロディを変えてしまっていたようです。
  「私はそれを受け継ぎました」

12:38 中川五郎+中川イサト
  →中川五郎オフィシャルサイト
 「中川家でやります」
 #1 2005年4月16日
  渡さんが亡くなった時の歌です。
  この長い曲の最中に、happy-happyさん(仮名)が到着。
  通路でうろうろしているところを、捕獲しました。
 #2 ファーブルさん
  +佐藤良成(フィドル)
 #3 ビッグ・スカイ
  ルー・リードの曲に五郎さんが詞を付けた歌です。

13:09 アチャコ一座
 #1 ♪ ロボットなんかじゃない!
 #2 アチャコ音頭
  ♪ チッチッチッチ
 #3 俺たちの時代
  ♪ One Love! One Heart!

13:35 『雲遊天下』からの呼びかけ

この項、続きます。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー



祝春一番2006では、「グレイトフル ジャズ」という時間帯ができました。
2日目の5月5日が「グレイトフル ジャズ PART 1」で、坂田明トリオと山下洋輔New Quartetの2グループ。

 →Akira Sakata's Official Site

 →YYOWS 山下洋輔公式家頁

今日は「グレイトフル ジャズ PART 2」で、古澤良治郎さんの「ね」と、渋谷毅オーケストラ、渡辺文男トリオの3組です。
90年代前半の上々颱風祭りで古澤良治郎さんや渋谷渋谷毅さんを聴いて以来。
気づかぬうちに、もう十年以上経ってしまったんですなあ。

祝春一番 2006年5月6日

13:45 「ね」古澤良治郎
 #1 アベヒマダ
 #2 いきなりお墓だぜ!
  古澤良治郎さんが「いきなりお墓だぜ!」と叫びながら、両腕で四角を描きます。
  happy-happyさん(仮名)もびっくり。
  →いきなりお墓だぜ
  古澤良治郎さん、十年前より若返ってないか?
  パーカッションのみかちゃんは大人っぽくなってました。
  上々颱風の『平成狸合戦ぽんぽこ』にも参加していたそうです。
  →ニコのカフェにようこそ!
 #3 半端じゃない!
 #4

14:22 渡辺文男(Dr)+高橋知己(S)+西山満(B)
 #1 朝日のようにさわやかに
   Softly, As in a Morning Sunrise
  懐かしい曲です。
  MJQのレコードを何度も繰り返して聴いたものです。
 #2 恋の味をご存知ないのね
   You Don't Know What Love Is
  さらに懐かしいのがこの曲。
  ジョン・コルトレーン、エリック・ドルフィー、マル・ウォルドロン……。
  名演が多い曲ですよね。
  ジーンと来ました。
  スタンダード曲もいいものですわ。
  ベースには弓を挿しておく袋が付けてありました。
  途中から弓で弾きます。
 #3
  東雲まりさんが歌いました。
  曜日の名前を読み込んだ歌のようですが、よく聞き取れませんでした。

14:55 渋谷毅+小川美潮
 さあ、渋谷毅オーケストラだと思ったら、小川美潮さんが歌い始めました。
 あれ?
 なんだか延々と続いている印象です。
 #1 はじめて
 #2 Four to Three
 #3 ♪水色の……
 #4 DEAR MR. OPTIMIST
   金子マリさんが一緒に歌います。
   小川さんと金子さんが親友だというのにびっくり!
 #5 ♪ 彼女は窓を開け
   ♪ いつも祈った

15:35 渋谷毅オーケストラ
 「とっちらかって」と渋谷さんが演奏のことを言いましたが、私のメモもとっちらかって、何がなんだかわからなくなってます。
 6曲演ったようです。
 バリトンからソプラノまで揃ったサックスが大迫力。
 峰厚介さんが懐かしゅうございました。
 途中から金子マリさんが歌います。
 最後に坂田明さんが入りましたが、エンディングでゲストの坂田さんをさしおいてアルトが暴走します。
 しょうがないなあ。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー


祝春一番 2006年5月6日

16:32 朴保
 #1 生活の柄
 #2 イムジン河
  「北朝鮮の宣伝歌」と言って歌い始めました。
 #3 雨に咲く花
 #4 春一番
  ♪ 富士の山 雲流れて
  ♪ また春が来た
  ♪ 今また咲いている赤い花たち
  ♪ 小鳥遊ぶ縁側に
  ♪ あたたかきひだまりよ
  ♪ 今はいない 花の好きな母の思い出
  ♪ 春一番 もっと吹け!
 #5
  傷痍軍人、従軍慰安婦、松代大本営
  「てめえの尻ぬぐいもできねえで
   何がPKOだ、国際貢献だ」
  異議なし。

17:04 木村充揮
  →kimura-HP
 #1 天王寺
 #2 サマータイム
  +三宅伸治+島田和夫
 #3 出稼ぎブルース
 #4 スキップミュージック
 #5 おそうじオバチャン
 #6 Happy Birthday
 #7 ケサラ(アンコール)
  いやあ、良かった〜♪

17:49 押尾コータロー
  →押尾コータロー オフィシャルサイト
 #1 翼〜you are the HERO〜
 #2 サバンナ
 #3 (ラグタイムからゲゲゲの鬼太郎など)
 #4 ちょっとトロピカル
  +師匠の中川イサトさん登場
 #5 その気になれば
  イサトさんの名曲ですね。

18:19 加川良
  →TWINS Ryo Web
 #1 あきらめ節
  +佐藤良成(フィドル)+長田TACO和承(マンドリン)
 #2 生活の柄
  +佐藤良成(フィドル)+長田TACO和承(オートハープ)
 #3 ラブソング
   ♪ あのレールの向こう
   ♪ どこまで行けるのかね
  +佐藤良成(フィドル)+長田TACO和承(オートハープ)
  +すぎの暢(ラップスチール)
  +よしだよしこ(コーラス)
  +佐野遊穂
 #4 教訓 I
  +すぎの暢(ラップスチール)
  「高田渡さんに捧げます」
 #5 幸せそうな人たち
 ♪ 生まれたときから 僕たちは
 ♪ 滅びてゆく道に花を飾る
 #6 日本海が広がっている(アンコール)

これで3日目が終了。
え、もう3日終わっちゃったの?
翌日帰るなんて、信じられない。

BlogPet

www.iraqbodycount.orgwww.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー



祝春一番2006 第4日 5月7日(日)

祝春一番 2006年5月7日

いよいよ最終日です。
宿を出る時には雨が上がっていたのですが、野音で並ぶころにはまた降り始めていました。
中からユンタが聞こえてきます。

11:05 北川子
 一人の弾き語りから、踊り手たちが出てきます。
 この間は、荷物が濡れないように自分の席作りで忙しかったのです。
 上下のレインコートも着込んで、さあ準備万端。

11:22 風太さん
 「大塚まさじのせいや〜」
 「西岡恭蔵さんや、高田渡さんや、らもさん、
  うらやましがってるでしょう。
  あいつらの連れションやと思ったら
  我慢できます」

11:25 GUBUT'S
 ファンクバンド。
 こういう演奏は延々と続いてくれ。
 気持ちよろし。
 #1 クソッタレ
 #2 デングリマン
  謎のダンスチーム登場。
  雨の中、水たまりを転げ回るので大変。
  御苦労様でした。
 #3 ♪ 俺たちゃ時代の生き証人
 #4 (レゲエ)

11:55 天野SHO
  →SHO AMANO OFFICIAL SITE
 ベースの弾き語り。
 かっこいいです。
 #1 Holy Mountain
 #2 Chage The World
 #3 Keep on Moving
 #4 Dwontown Baby

12:30 カオリーニョ藤原と彼のボサノムーチョ
  →カオリーニョ藤原と彼のボサノムーチョ
 #1 ……のサンバ
 #2 ♪ イケてるわな〜
 #3 許しておくれ
 #4 君が好きだ

12:59 ZOUND SYSTEM
  →Zound System
 GUBUT'Sとメンバーが似てますが、こちらはレゲエ。
 やっぱり演奏がずっと続いていてほしい、気持ち良い音です。
 #1 ♪ Shake Shake 踊りましょう
   ♪ 罪を忘れて
 #2 ♪ 不思議なレゲエのマジック
 #3 ♪ 本当のことが知りたい
 #4 ♪ 魂のふるさと
   ♪ 魂のきずなを
 #5 ♪ こごえた心も隠して
   ♪ 君と踊ろう

13:32 リクオ
  →RIKUO OFFICIAL WEB SITE
 健康と他力とシェア(共有)が今年のモットーだそうです。
 雨なのでロックは控えると、おとなしめの曲。
 #1 ♪ 雨の中駆け出した二人
 #2 ぬくもり
 #3 同じ月を見ている
 #4 パラダイス
  ♪ ここがパラダイス
  「名言集」がおかしかったです。
  「死ぬまで生きる」高田渡。
  会場をうまく乗せて、"Loving You"を歌わせてくれました。
  リクオ君は一人で突っ走る印象が強かったのですが、今年は実にうまかったです。

この後が、最終日の特別コーナー「大塚まさじクロニクル」です。
あっと驚くゲストがいました。

この項続きます。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー



「大塚まさじクロニクル」です。
喫茶店「ディラン」から始まり、まさじさんが出会った人達の話をします。
本当は晴れ男なんですよと弁解しながら、はじまり、はじまり。

祝春一番 2006年5月7日

14:05 大塚まさじ
  →大塚まさじのホームページ『月の舟』
 #1 春のはじまり
  「風太とアベちゃんに」

14:12 ダッチャ+伊藤銀次+ながいよう
 #1 26号線

 私がびっくりしたのは、このダッチャさんです。
 まさか「26号線」をナマで聴けるとは思いませんでした。
 北海道から出てきたダッチャさんにまさじさんが出会った時、金髪をしていたそうです。
 1969年の金髪は、今では想像もつかないほどぶっとんだファッションなんですよ。

 国道26号線という道路は私にとって馴染みのない道です。
 「難波と和歌山を結ぶ、ディープ・大阪の幹線道路」だそうです。
 通天閣から釜が崎、下町を抜けて南へ下り、タマネギ畑の泉州へ向かいます。
 まさじさんがマスターをしていた喫茶店ディランも26号線です。

 バックの伊藤銀次さんはもちろん当時「ごまのはえ」。
 1973年に出たダッチャさんのアルバムのバックをやっています。

14:18 ながいよう+杉本"Q"仁美(フィドル)
 #1 ♪ こいのぼり こいのぼり
 #2 横浜ホンキートンク・ブルース
  ここでhappy-happyさん(仮名)が到着です。
  そんなに長い時間いられないようなのが残念。
  
14:29 ディランII+杉本"Q"仁美+いとうたかお(ブルースハープ)
 #1 ♪ ゲームは終わり
  ペケさんは昨日帰るはずが、飲んで長居してしまったようです。
  
14:34 長田TACO和承
  →OSADA "TACO" KAZUYOSHI OFFCIAL SITE
 #1 What a Wonderful World
 #2 Long Way Home
 #3 Gypsy Song
 
 まさじさんが奈良に引っ越した時、その向かいの家に暮らしていた高校生がTACOさんなんだそうです。
 知らなかった。
 オリジナル・ザ・ディランに参加した時は高校生だったんですね。

この項、もちろん続きます。

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー





大塚まさじさんが90年ごろから一緒にやってると紹介したのが、「ふちがみとふなと」。
名前はよく見かけたのですが、初めて観ました、聴きました。
びっくりですわぁ。

14:52 ふちがみとふなと
  →ふちがみとふなと へな web
 #1 春の庭
 #2 007のテーマ
 #3 バラバラ(エノケン・バージョン)
 #4 歌う人
  ダニエル・ジョンソンという人の歌だそうです。
  と聞こえたのですが、ダニエル・ジョンストンなのかな。
  →Daniel Johnston: Hi, How Are You?
  「バチアタリ」と言いながら、友部正人さんを呼んで共演。
 #5 耳国国家
  さらに「バチアタリ」と言いながら、大塚まさじさんにも加わってもらいます。
  「ミミミミーミミミミー」がすごい。

15:14 大塚まさじと月夜のカルテット(島田和夫、船戸博史)
 #1 風はいつも吹いていた
 #2 ♪ 悲しくて歌うんじゃない
 #3 男らしいってわかるかい
  +いとうたかお(ブルースハープ)
 #4 ♪ 最初はとまどい気味で

15:40 トレス・アミーゴス+金子マリ
 #1 Happiness!
 #2 ♪ 永久の楽園へ
 #3 The Weight
  またまた出ました、The Bandの名曲。
  +有山じゅんじ+松本照夫+森巧+小川美潮……
  もうわけがわかりません。
 #4
 
この辺りでhappy-happyさん(仮名)が帰りました。
寂しい〜。
また来年ね!

16:25 山中一平&河内オンドリャーズ
  →河内音頭 山中一平 公式ホームページ
 #1 河内の次郎長
 #2 釜山港へ帰れ
 #3 河内音頭神崎与五郎東下り

17:01 伊藤銀次
 春一番で「歌う」のは初めてだと、銀次さんが登場。
 なぜかアコースティックギターの弾き語りです。
 やっぱりそれをやりたくなるんでしょうか。
 #1 ハロー・アゲイン
 #2 小糠雨
 #3 「笑っていいとも」テーマソング
  大サービスです。
  「ちゃんと2番がある!」
 #4 涙のわけを
 #5 Flowers in the Rain
  シャラララッララのスキャットをみんなで歌います。

あと少しで祝春一番2006が終わります。
この項、続きます。

BlogPet

www.iraqbodycount.orgwww.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー



祝春一番 2006年5月7日

17:31 金子マリと5th element will
  →Mari Kaneko
 有山じゅんじさんが、かぶりつきで観ています。
 #1 ♪ アイロンかけてもHold me
 #2 ♪ 電池があるでぇ〜
  北京一さんが歌うと、やっぱりソー・バッド・レビュー(SOOO BAAD REVUE)みたいです。
  すごい音。
 #3 ♪ 誰かが誰かを殺してる
 #4 ♪ 川のそばで俺らは生まれ

17:57 友部正人
  →友部正人オフィシャルホームページ
 #1 Speak Japanese, American
 #2 遠来
  +ふなと+銀次
 #3 朝の電話
  渡さんが逝ってしまった時の歌です。
  アルバム『Speak Japanese, American』を作っている時は入れる予定ではなかった曲。
  入ってしまったという言い方をしていました。
 #4 Don't Think Twice, It's All Right
  ♪ 今さら明かりはつけないで
 #5 一本道
  ♪ ああ中央線よ 空を飛んで
  ♪ あの娘の胸に 突き刺され

これで今年の春一番も終わるのかなと思ったら、ちゃんとプレゼントがありました。
大塚まさじさんが出てきました。

18:35 大塚まさじ+長田TACO和承
 #1 月の祭り
 #2 Gypsy Song
  +有志ミュージシャン
  (石田、北、金子、リクオ、銀次、島田、ベーカー、ペケ、有山)
  もちろん西岡恭蔵さんの曲です。
  ♪ バイバイ バイバイ
  繰り返して、続きます。
  ♪ バイバイ バイバイ

これで、今年の祭りは終わりです。

ありがとう、祝春一番!
また来年!

BlogPet

幻泉館 リンク用バナー