田中克彦」タグアーカイブ

国やぶれてもことばあり

  あれ? 田中克彦コレクションの二巻目と三巻目は、同時発売なのか。 痛いなあ。 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: | コメントする

カルメンの穴あきくつした

また郵便局がやらかしてくれた。 一日中家にたのだが、不在連絡票を放り込まれた。 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: | コメントする

あの時代、あの人びと

いや、寒かったわ。 夜の散歩。 良く晴れていて、それだけに冷え込む。 いつもなら … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: | 2件のコメント

田中克彦自伝

ケースワーカーさんがやってきて、来月のスケジュールが確定する。 要介護の再認定が … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: | 2件のコメント

言語変化という問題――共時態、通時態、歴史

あ、岩波文庫の11月新刊にコセリウ入ってる。 田中克彦訳です。 今月はいろいろ物 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: , | コメントする

うつりゆくこそことばなれ

田川建三さんに続き、田中克彦さんの本が届きました。 田川さんが1935年生まれ、 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: | コメントする

従軍慰安婦と靖國神社

さて、田中克彦さんの新刊を見つけてしまったのだが、タイトルがすごい。 そして、内 … 続きを読む

カテゴリー: 反戦, 書籍と雑誌 | タグ: | コメントする

シベリアに独立を!

お、田中克彦さん、ひさびさの新刊ですね。 ちと復習をしておくか。 あ、『シャマニ … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: | コメントする

シャマニズム

お、東洋文庫で復刊か。 良い知らせです。 ▼シャマニズム1: アルタイ系諸民族の … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: , | 2件のコメント

差別語からはいる言語学入門

お、田中克彦さんの新刊だ。 ▼差別語からはいる言語学入門 あ、新刊だけど、新刊じ … 続きを読む

カテゴリー: 書籍と雑誌 | タグ: | コメントする