祝春一番2010 第4日 5月5日(水)

服部緑地

おなじみの行列。

祝春一番2010も最終日になってしまいました。
今年はすべて快晴でした。
こんなの初めて。

祝春一番2010

●11:05-
 芳養屋・結婚ジャンベ集団
 
 謎です。
 

エルキュール上野とアフターアワーズSHOW@祝春一番2010

●11:29
 エルキュール上野とアフターアワーズSHOW
 
 やっぱり頭髪ネタに持っていきます。
 「曲のことより、トークの打ち合わせの方が長かったです」
 
 #1
  間奏が「春一番」?
 
 #2 ♪ 君のこと好きなんだ
 #3 ♪ みんなが周りで笑ってる
 

三宅伸治@祝春一番2010

●11:56-
 三宅伸治BAND

 →Shinji Miyake Official Site
 
 昨日のボブ・ディラン青年とは別人のように見えます。
 
 #1 ベートーベンをぶっ飛ばせ
  ♪ 俺の忌野キヨシロー!
 
 #2 雨上がりの夜空に
 #3 No Woman No Cry
 #4 Jump

 恒例の紙吹雪は後片付けが大変ね。

祝春一番2010 5月5日

 それで遊んでる子もいました。

祝春一番2010 5月5日

栄篤志@祝春一番2010

●12:29-
 栄篤志

 「生まれた時は日本で。
  しばらくして日本じゃなくなって。
  また日本になってから、大阪に来ました。
  大阪に来て55年ぐらいかな」
 「奄美群島に伝わる島歌をちょっと歌わせてもらいます」

 #1 徳之島の島唄
 #2 正月着物
 #3 ヨイスラ節
 #4 行きょおれ節

 入り口で飾られていたギターのオブジェを作ったモウリさんが登場。
 徳之島への基地移設反対!

田口公人@祝春一番2010

●12:50-
 田口公人

 「基地の町・佐世保から来ました」

 #1 チョコレートパフェトゥナイト
 
  ♪ ビールも酒ももう飲まない
  ♪ 飲もうと思わない

 「佐世保の人は朝からハンバーガー食べてますから。
  ハンバーガーと味噌汁なんですよね。
  昼はちゃんぽんです。
  夜は海軍さんのカレーです」
 冗談ですよね?

 #2 ブルースは私が唄うわ
 
  ♪ あなたは旅を続けなさい
  ♪ 私はこの町を歩くわ
  ♪ あなたは季節を歌いなさい
  ♪ ブルースは私が歌うわ

宮里ひろし@祝春一番2010

●13:07-
 宮里ひろし
  with さかもとふみや+杉本”Q”仁美
 
 →Heaven HiLL ~ちっちゃいおっちゃんのショット・バー
 
 →夢現:さかもとふみや
 
 客席から「抱いて!」の声(男声)。
 「誰が抱くかい!」
 「顔赤いのは、酒焼けちゃうど~」

 #1 フレイトトレイン
  この曲は宮里さんが1975年に出したアルバムに入っていたんですね。
  本人は「貨物列車って曲です」と言ってました。
  
  →長い旅がいやになる
 
  ♪ 貨物列車の汽笛は 俺らにゃ悲しいブルーズ
  ♪ 落ち着く先は当てなし

 #2 おっちゃんは寝ている
  
 「誰に言っとるんや、立っとるわい、さっきから!」
 
  ♪ ブルーシートに段ボール敷いて
  ♪ おっちゃんは寝ている
  ♪ ちっちゃいおっちゃんも おっきいおっちゃんも
  ♪ 公園で寝ている

 #3 いいんだぜ
  らもさんの名曲、今年も歌ってくれました。
  ありがとう、ちっちゃいおっちゃん。
 
  ♪ 君がドメクラでも チンバでも
  ♪ 小児麻痺でも どんなカタワでも
  ♪ いいんだぜ いいんだぜ
  ♪ いいんだぜ いいんだぜ
  
  ♪ 君が鬱病で 分裂でも
  ♪ パニック症でも どんな気違いでも
  ♪ いいんだぜ いいんだぜ
  ♪ いいんだぜ いいんだぜ

lost in time@祝春一番2010

●13:32-
 lost in time

 →lost in time

 #1 合い言葉
 
  ♪ この空の青を あの雲の白さを
  ♪ 君にどうやって 伝えよう
 
 #2 柊
 #3 一つだけ
 #4 足跡
 #5 呼吸

I-PAN DREAD & MIGHTY WAVERS@祝春一番2010

●13:59-
 I-PAN DREAD & MIGHTY WAVERS

 #1
 #2
 #3

 今回ビジュアルで一番強烈だったのは、上の画像の方であります。
 びっくり。
 本当は大人数のラスタ・ボーイズのステージだったのです。

AZUMI@祝春一番2010

●14:27-
 AZUMI

 →AZUMI

 #1 御堂筋
  ♪ 「あ」から「ん」までのとてもきれいな言葉並べて
 
 #2 ちっちゃな時から
  浅川マキさんも逝ってしまいました。

 #3 ブルーズのいいなりロックのどれい
  弾き語り、大迫力。
  何でも飛び出してきて、やや暴走気味。
  「あずみ・さとし」さんだったんですね。
 
 #4 ♪ 心の中に風が吹き
  バンジョーの弾き語りでした。
 

スプラゥトゥラプス@祝春一番2010

●15:03-
 スプラゥトゥラプス

→ スプラゥトゥラプス

 #1 ♪ Ho Ho Ho
 #2
 「ちょっと変なものに興味を持ったおばさんの話」

 #3 ♪ ちはやふるあのいただきをいったいどうこえられよう
 「次は皆さんがインディアンだった時の前世を思い出していただきたい」
 
 #4 ♪ くりかえす春夏秋冬
 #5
  「マリ&マリオのカバー」

曽我部恵一@祝春一番2010

●15:33-
 曽我部恵一

 →sokabekeiichi.com

 #1 恋におちたら
 #2 キラキラ!
 #3 ふたつのハート
 #4 LOVE-SICK
 #5 愛ってやつを
  「あと5分やれと言われて」アンコール。

トミ藤山@祝春一番2010

●16:00-
 トミ藤山
 +梅津和時

 梅津さん、足を骨折しているので腰掛けて演奏です。
 びっくり。

 →トミ藤山

 →YouTube: オリエンタルカレーの唄

 →UoiuTube: 祝春一番2010 トミ藤山

 #1 ジャンバラヤ
 #2 ユア・チーティン・ハート
  ギターの弾き語り!
 
 #3
 #4 影を慕いて
 #5 素敵なあなた
 #6 ジョージア・オン・マイ・マインド
 #7 プラウド・メアリー
  「C.C.R.行きます!」
  
 #8 テネシー・ワルツ
  「あたしの一番好きな歌でお別れします」

朴保BAND@祝春一番2010

●16:45-
 朴保BAND with 嚴仁浩

 →朴保

 #1 鯨狩り
 「ヘリパッドも、ヘリポートも要らないぜ!
  65年間の苦しみ、沖縄。
  この際、基地はもう要らないんです。
  アメリカには、もう出てってもらいましょう!」

 #2 リムジン江
 二番と三番は松山猛さんの詞のようでした。
 
 ♪ 北の大地から 南の空へ
 ♪ 飛びゆく鳥よ 自由の使者よ
 ♪ 誰が祖国を 二つに分けてしまったの
 ♪ 誰が祖国を 分けてしまったの
 
 #3 路地(コルモッキル)
 #4 旅人の昔話
  ゲストの嚴仁浩さん、すごい声でした。
  かっこいいですなあ。

 #5 夜を賭けて
 #6 ペンノレ~そーらん節

 祝春一番2010も、もうあと少しだけ。
 ステージが盛り上がる中、だんだん寂しくなってきました。

祝春一番2010

祝春一番2010 最終日

●17:36-
 押尾コータロー

 →押尾コータロー オフィシャルサイト

 #1 絆
 #2 Merry Christmas Mr.Lawrence
  「僕が14歳の時に観た映画の、『戦場のメリークリスマス』」
 
 #3 ちょっとトロピカル
  with 中川イサト
  
 「大阪梅田に32番街というところがあります。
  そこのナカイ楽器でイサトさんがギター教室をやってて。
  イサトさんの『ミスターギターマン』という教習書があるでしょ。
  僕全部クリアーして、行ったんですよ。
  『ミスターギターマン』の1と2完璧やって」
  
 「教材決めにゃならんから、初めて来た人に聞くやん。
  どんなの好きやとか、どんなの弾くか。
  どういうの弾くか聞いたら、僕アリス好きですって」

 #4 Snappy!

押尾コータロー&中川イサト@祝春一番2010

●18:06-
 中川イサト
  +古橋一晃+湯川トーベン+岸部眞明

 →中川イサト ホーム・ページ

 →古橋一晃 HP

 →湯川トーベン

 →岸部眞明のホームページ

 #1 Deep River Blues
 #2
  岸部眞明さんのソロ。
  コータロー君の兄弟子に当たるんだそうです。
  
 #3 その気になれば
  +岸部眞明+押尾コータロー
  
  中川イサトギター教室同窓会。
  
 →YouTube: 祝春一番2010 中川イサト・押尾コータロー・岸部眞明
 
 →YouTube: その気になれば.mp4

 #4 ハレルヤ
 →YouTube: 祝春一番2010 中川イサト「ハレルヤ」

 #5 もう引き返せない

Magic ANIMALS@祝春一番2010

●18:45-
 Magic ANIMALS

 一曲目はAZUMIさんのソロ。
 これで私の祝春一番2010は終わりです。
 アベちゃんのボーカルを聴きながら、会場を後にしました。
 
 さようなら、春一番!
 また来年!

祝春一番2010


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

「祝春一番2010 第4日 5月5日(水)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

70年代サブカルチャー&反原発

Page generated in 0.158 seconds. Stats plugin by www.blog.ca