祝春一番2010 第1日 5月2日(日)

祝春一番2009のメモも放り出したまま、もう祝春一番2010が終わってしまいました。
まだ日常に復帰できてませんなあ。
2009はそのまま放置なんだろうなあ。

前夜祭であるはずの「New Morning」が、前夜祭ではなくなったようですね。
5日間連続参加はできませんでした。
残念です。

私の祝春一番2010は5月2日(日)から。
それもお昼を大きく回っていました。

今年もきれいな若葉が出迎えてくれます。
ただいま。
一年ぶりだね。

2010年5月2日 祝春一番2010@服部緑地野外音楽堂

服部緑地に入ると、なんだかおなじみの音が聞こえてきます。
誰だろうな。
曲が変わっても、なんだか演奏があまり変わりません。
あれれ?
途中で謎が解けました。
シバさん。
なるほど、遠くから聞くと同じ曲。
これぞブルースでんがな。

会場はかなり混んでいて、入り口で渡されると思っていたチラシも既に品切れでした。
すごい、すごい。

2010年5月2日 ペーソス@服部緑地野外音楽堂

●13:47-
 ペーソス
  →ペーソス~不惑をとっくに超えた50代デュオ
 
 #1 マグロは泳ぎ続けてる馬は立ったまま眠ってる
 #2 イッテコイ節
 #3 涙腺歌
 #4 独り
 #5 無職の女

シバさんはちゃんと聴けなかったので、ペーソスからスタートという感じになりました。
「ヘソ」です。
スマイリーさん、咳き込んでましたが、大丈夫だったんでしょうか。

さて、ヱビスビールで乾杯!

2010年5月2日 桜川唯丸一座@服部緑地野外音楽堂

●14:16-
 桜川唯丸一座 江州音頭

 →YouTube: 祝春一番2010 桜川唯丸一座withスターダスト河内

 ここでちょっと会場をふらふら歩き回ります。
 今年は何売ってるのかしら。

2010年5月2日 ハンバートハンバート@服部緑地野外音楽堂

●14:45-
 ハンバートハンバート

 あら、友部正人さんの還暦祝いトリビュートイベントというのがあるんですね。
 とっくにSOLD OUTですわ。
 残念。
 
 →『ある日ぼくらは友部正人を見つけた』

 #1 慚愧
 #2 国語
 #3 波羅蜜
 #4 こんな風に過ぎて行くのなら
 #5 大宴会

 4曲目の「こんな風に過ぎて行くのなら」は、浅川マキさんの曲ですね。
 マキさんは今年の一月に亡くなりました。
 この曲から「大宴会」の流れは、涙を誘います。
 祝春一番は、本当に「喪」の歌が増えてきました。

2010年5月2日 石田長生@服部緑地野外音楽堂

●15:18-
 石田長生
 
 みんな大好き、石やんの登場です。
 天国に安楽荘という安アパートがあって、往年のブルーズメンが暮らしているそうな。
 「このアパートにちょうど一年前、初めて日本人で入居が認められた奴がいます。本名栗原清志、忌野清志郎。彼の作った曲をやります」

 #1 世間知らず
 #2 ねえ神様
 #3 IKO IKO
 #4 ネルソン・マンデラに捧げる歌(オスマン・オランド・ビングル)
 #5 Happiness

2010年5月2日 祝春一番2010@服部緑地野外音楽堂

客席で近くにニール・ヤングのTシャツ着てる人がいました。
よし!

THE TWINS

●15:35-
 THE TWINS

 →THE TWINS

 #1 A Place In The Sun
  いい曲ですね。
  誰の訳詞なんでしょうか。

  ♪ 木の枝のように自由に向かって
  ♪ 立ち止まらずに Movin’ on
  ♪ 太陽が当たる場所のように
  ♪ さすらい続ける僕らの心は
  ♪ 陽の当たる方を駆けてく

 #2
 #3 ♪ 曇り空の中 光の見える
 #4 We Are Twins

夕凪

●16:21-
 夕凪
 →夕凪 OFFIIAL SITE

 「春は祝春一番、秋はレインボーヒル」と風太さんが紹介。
 今年は9月26日だそうです。
 秋は無理だなあ。
 
 #1 ♪ 春は死なず
 #2 どうもこうもないこと
 #3 イメージの木
 #4 ♪ あなたと会えるわ 楽しいな
 #5 ♪ 夕方出てくる

せい子さん、ステージでは裸足でした。
他の日に客席で見かけた時は、農家のおばちゃんみたいな日除け帽かぶってました。

遠藤ミチロウ 祝春一番2010

●16:45-
 遠藤ミチロウ
 
 →遠藤ミチロウ (ex.STALIN)のOfficial Blog
 
 #1 早すぎた父親
 #2 血は立ったまま眠っている
 #3 公衆便所の歌
 
  「歌詞は寺山修司です」

  ♪ 公衆便所には窓がひとつしかない。
  ♪ どの窓も北を向いてる
 
 → Gecko生態図譜:血は立ったまま眠っている
 —————————————————————
 作:寺山修司。 演出:蜷川幸雄。 音楽:朝比奈尚行、遠藤ミチロウ。
 —————————————————————
 
 #4 我自由丸
 #5 婆ァ(Mother)
 #6 お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました。
 

  後になって知ったのですが、この日ミチロウさんは、ふちがみとふなとのステージに出突っ張りだったそうです。
 うわっ。
 観たかった!

藤井裕+ビリートップ

●17:19-
 藤井裕+ビリートップ
 
 →藤井裕ホームページ
 
 #1 港の話
 #2 引きこもり
 #3 DNA
 #4 ドクドク

 昨年の祝春一番2009で有山さんに「木村に似てるやろ」と言われていたビリートップの人。
 やっぱりぐっさん(山口智充)に似てると思うのですが。

ザ・ラストショウ

●17:54-
 ザ・ラストショウ
 
 「1974年に天王寺でやってた時も出てます」
 再結成ですね。
 すごいメンバーです。
 CD買うつもりだったのに、買いそびれました。
 
 →SUPERMUZAK: THE LAST SHOW

 #1 キャブオール・ブルース
 #2 Strike Out
 #3 ダンラン
 #4 Shenandoah
 #5 サンズリバー
  「三途の川」であります。
 #6 ましなくらし
 #7 オレンジ・ブロッサム・スペシャル
  おなじみ、汽車の音を模したハーモニカが楽しいです。

この日は比較的早く終わったので、せっかくだからと天王寺へ足を延ばしたのでありました。
当日携帯で撮った画像をアップしましたが、デジカメで撮ったものもアップしておきましょう。
ああ、天王寺の夜。
土手に串、土手に串。

天王寺


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

70年代サブカルチャー&反原発

Page generated in 0.153 seconds. Stats plugin by www.blog.ca