帰郷 CHRONICLES #196

千本浜 2005年8月28日
ウィスキーのボトル一本空になるような理由というのが、どうも他人にははかりしれないことのようです。
——————————————————-
Prior to this, things had changed and not in an abstract way. A few months earlier something out of the ordinary had occurred and I became aware of a certain set of dynamic principles by which my performance could be transformed.
——————————————————-
抽象的にではなく、つまりまったく具体的な演奏の技術として、ディランは自分の演奏を変えるような、ある原則に気づいてしまったのだそうです。
「血の轍(Blood on the Tracks)」(1975年)や「欲望(Deisre)」(1976年)という傑作アルバム(だと思います)を生み出した後、ディランはいったい何をやっていたのでしょうか。
私はその時期のディランをあまり知りません。
前段落で”my complete recordings on disc for years”と書いているので、アルバムの録音そのものには満足していたようです。
でも、気持が歌から離れていってしまったのです。
なおかつ、演奏(歌唱)の技術的な問題として、あることに気づいたというのです。
既に頂点を極めたように見えるディランが、本当にそんな技術的な問題を抱えていたのでしょうか。
その具体的な点をまだ読んでいないのですが、実は他に問題があった部分を、技術的な問題だと考えようとしていたような気がします。
ここで、好きな詩の一節を思い出しました。
中原中也「帰郷」の結びです。
——————————————————-
あゝ おまへはなにをして来たのだと……
吹き来る風が私に云ふ
——————————————————-
 →帰郷
前回のタイトル「歌のわかれ」は、中野重治さんの小説から採ったものです。
短歌的叙情に対する「わかれ」とディランの「クロニクルズ」はまったく関係がないのですが、ディランは昔の自分の歌に、とっくに別れを告げていたのだなあと連想したのです。
だからいつまでも「時代は変わる」や「風に吹かれて」を歌ってくれとせがまれても、困っただろうなと想像できます。
BlogPet
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: ボブ・ディラン自伝『クロニクルズ』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です