武蔵野火薬庫

ぐゎらん堂は確か「武蔵野火薬庫」だったはずだ。
ああ、そうそう。
 →GWARANDOH WEB TOP
でもなぜか、「武蔵野弾薬庫」となっているなあ。
『高田渡と父・豊の「生活の柄」』231ページです。
単なる誤植かしらん。
この本はなるべくゆっくり読んだのだけど、あっという間に終わってしまいました。
もっとずっと浸っていたかったな。
そうそう、表紙の絵はシバ(三橋乙揶)さん。
流れ星みたいな渡さんが描かれてます。
版元が社会評論社というのも、ちょっと嬉しかった。
ここも懐かしい出版社です。
少し場所が変わったみたいだけど、昔と同じ本郷村にあるようです。
高田渡を歌う


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: わが町, 高田渡 タグ: , , パーマリンク

2 Responses to 武蔵野火薬庫

  1. みかん のコメント:

    こんばんは♪
    大切に読みたい本ってあっという間に終わっちゃいますよね。
    保存版ですね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です