廃墟の街

ボブ・ディランの自伝『クロニクルズ(Bob Dylan “CHRONICLES VOLUME ONE”)』に「廃墟の街(Desolation Raw)」が出てきたので、ここ数日繰り返して聴いている。
象徴的な歌詞なので、いくらでも深読みができそうだ。
メロディは違うのだが、吉田拓郎さんの「イメージの詩」は、この曲のアレンジを真似たギターだと思う。
拓郎さんの方は深読みの利かない、わかりやすい喩えだ。
でも、どちらの曲も延々と続き、しかもいつまでも聴いていたいと思う。
1曲目が”Like a rolling stone”で最後がこの曲なんだから、『追憶のハイウェイ61(HIGHWAY 61 REVISED)』というアルバムはすごいものだ。
やっぱり傑作なんだろう。
同時代のアルバムとして聴くことができなかったのは残念だ。
私はまだ小学校の低学年だったのですよ。
 →bobdylan.com: HIGHWAY 61 REVISED
ところで私はここのところずっと自分で歌う曲を作りたいと思っているのだが、音楽的素養など皆無なので、そうそう簡単に作れるものではない。
ここでふと我が心の師匠故高田渡大人を思い出した。
うむ、拝借すれば良いのだ。
その気になって”Desolation Raw”を聴く。
何度も聴く。
しかし歌詞もできないのである。
聴けば聴くほど、各連の最後にある”Desolation Raw”という言葉は動かしようがないのだ。
そりゃディランの言葉に勝とうなんて、百年早いわ。
ここで少し日和って、”Desolation Raw”の自分なりの訳詞なんてのを考える。
ほら、”I Shall Be Released”にいろいろな日本語歌詞があるじゃない。
 →2004年5月26日付日録:われ解放さるべし
しかし、これだけ固有名詞をちりばめられると、歌える翻訳は厳しいなあ。
たとえば「良きサマリア人」は日本語としては正しい訳語だけど、そのまま遣える言葉ではないだろう。
翻案が必要だ。
替え歌路線と超訳詞路線を行ったり来たりしながら”Desolation Raw”をぐるぐる聴いて。
また夜が更けていくのです。
 →bobdylan.com: Desolation Raw
Bob Dylan 1960

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

2 Responses to 廃墟の街

  1. machikado のコメント:

    こんばんは。
    はじめまして。
    faceさんの所から来ました。
    ボブ・デイラン好きです。
    解釈に奥が深くて頭が下がります。
    ちょうど、数日前にTHE BANDのラストコンサート、THE LAST WALTZを見たところです。
    ディランもゲスト出演してまして、いつまでも若くと連れてってよ、歌っています。
    たびたび寄らせて頂きますね。

  2. 幻泉館主人 のコメント:

    machikadoさん、こんばんは♪
    御来館ありがとうございます。
    “THE LAST WALTZ”いいですね。
    最近2枚で1990円というセールでDVDを入手したばかりです。
    私が大学生の時の映画です。
    懐かしゅうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です