フォーク・デイズ 2002

渡さんの映像をDVDに落としておこうと、古いVHSテープを掘り起こしています。
「フォーク・デイズ 高田渡」
こんなラベルを貼ったものが出てきて何かなと思ったら、フジテレビのイベントでした。
坂崎幸之助+篠原ともえ+高嶋彩の三人が司会進行。
2002年8月8日、お台場のフジテレビ7F特設ステージで行なわれたコンサートだそうです。
本当は「お台場どっと混む!Presents フォーク・デイズ夏まつり ともえちゃんフォークジャンボリー」といったタイトルであるようです。
CSのフジテレビ721で流したものを録画しておいたんですね。
放映は2002年10月だったみたい。
第1部「Young Folk」
 ・コブクロ「太陽」「願いの詩」
 ・BEGIN「涙そうそう」「島人ぬ宝」
 ・時の徘徊「少年の唄」
 ・素一「白い月」
素一(すっぴん)って、所ジョージさんのプロデュースなんですね。
今も活動してるんでしょうか。
第2部「坂崎幸之助のJ-POPスクール」
 ・坂崎幸之助「空いろのくれよん」
 ・高嶋彩「結婚しようよ」
 ・篠原ともえ「地下鉄にのって」
 ・市井紗耶香「サルビアの花」
 ・唐沢美帆「悲しくてやりきれない」
 ・下川みくに「ポスターカラー」
 ・松本英子「あの歌が思い出せない」
 ・辻カオリ「コーヒーブルース」
 ・藤田陽子「値上げ」
 ・ソニン「カレーライス」
 ・中澤裕子「白い色は恋人の色」
 ・くまきりあさ美「赤い風船」
 ・高山厳「忘れません」
幸之助さんの生ギターで、いろいろな人が昔の「フォーク」を歌います。
高山厳さん(元バンバン)は別格で、キーボードの弾き語りです。
フジテレビのアナウンサーの歌まで聴かされたのには閉口。
第3部「フォークデイズスペシャル」
 ・加川良withすぎの暢
  「コスモス」
  「教訓 I」
  「幸せそうな人たち」
 ・なぎら健壱
  「ぐち」
  「鉱夫の祈り」
  「永遠の絆」
  「昭和の銀次」
 ・高田渡
  「仕事さがし」
  「アイスクリーム」
  「スキー(替え歌)」♪借?りたお金は
  「トンネルの唄」
  「夕暮れ」
  「生活の柄」(+なぎら+坂崎)
  
ああ、これを待っていたのだよ。
長かった?。
あらま、すぎの暢さんは春一番で観た時と髪の長さがまったく違います。
屋外なのですが、風が強くて大変そう。
なぎらさんは高田渡さんのネタで会場を笑わせます。
「お盆だから帰ってきた」
もう冗談になりまへん。
「すかんぽ」を歌いながら寝てしまった話。
笑いながら泣けてきますわ。
渡さんは「生活の柄」以外は独りの弾き語り。
思っていたより曲数が多いので嬉しゅうございます。
エンディングに全員(?)で「あの素晴らしい愛をもう一度」。
渡さんもギター弾いてたけど、これは歌ってないんだべな。
 →醤油屋の弟子的こころだぁ?!!:フォーク・デイズVo.l22

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

2 Responses to フォーク・デイズ 2002

  1. なも のコメント:

    源泉館御主人,おはようございます。
    昨日,下の娘(小6)と「吉祥寺ユザワヤ及び井の頭公園の旅」に行ってきまして,初めて「いせや」をこの目で見ました。「帰りにちょっと寄ろうかな」と思っていましたら,たくさん並んでいましたので,子連れということもあって諦めました。
    駅の近くの「バッファロース」というメキシコ料理屋で夕飯を食った後,駅の方へ向かうと「マンダラ2」があり,「なぎら健一ライブ」の張り紙がありました。一人なら立ち見でも聴いてしまうのですが,これも「子連れということもあって,諦めました。」

  2. 幻泉館主人 のコメント:

    吉祥寺散策いいですね。
    井の頭線の駅ビル「ターミナル・エコー」がユザワヤになったんですね。
    昔は地下がシズオカヤというスーパーで、よく利用しました。
    JR駅ビル「ロンロン」ができたばかりのころ、田中星児さんとハイファイセットがAB面でロンロンの歌を歌っているソノシートをもらいました。
    いせやさんは二階座敷に家族連れが多いように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です