Neil Young / Young Shakespeare

ny_young_shakespeare_deluxe.jpg

朝ドタバタしながらなんとなくテレビを眺めていたら、「サワコの朝」に役所広司さんが出ていた。
最初の一曲が「帰れない二人」。
♪星は帰ろうとしている♪という印象的なフレーズがあるのだが、これがプロデュースをしている星勝のことだというのだ。

曲作りで帰れない陽水さんと清志郎さん。
酔っぱらって帰ろうとしている星勝さん。
ほんまかいな。

ニール・ヤングとっつぁんのところから新譜の案内が届いた。
もちろん朝の段階ではアマゾンさんにエントリーはない。
ところが今回はHMVに邦版のエントリーができていた。
あら、早いわね。

Neil Young ニールヤング / Young Shakespeare

———————————————-
■商品説明
ニール・ヤングというアーティストのルーツを最もピュアな形で表現した貴重な未発表ライヴ音源が、50年の時を経て遂にそのヴェールを脱ぐこととなる。

◆傑作として知られるあの名盤『AFTER THE GOLD RUSH』発売から数か月後となる1971年1月22日―― コネチカット州ストラトフォードで行われた、アコースティック・ギターとピアノ、そしてハーモニカのみ、という一人のアーティストによるピュアなパフォーマンスを収録した、ニール・ヤングという伝説のルーツを垣間見せてくれる貴重な未発表ライヴ作品だ。

◆この『YOUNG SHAKESPEARE』には、「Tell Me Why」と「Don’t Let It Bring You Down」といった当時発売されたばかりのアルバム『AFTER THE GOLD RUSH』収録曲の初期アコースティック・パフォーマンス音源に加え、このライヴの1年以上後のリリースされることとなる名作『HARVEST』に収録された「Old Man」や「The Needle and the Damage Done」、「A Man Needs a Maid」、「Heart of Gold」といった楽曲の初期レコーディング音源、さらには「Ohio」や「Cowgirl in the Sand」、「Helpless」、「Down by the River」、そして「Sugar Mountain」といったファンのフェイヴァリット・トラックのライヴ音源が収録されている。

◆コネチカット州ストラトフォードにあるThe Shakespeare Theaterという会場で行われたこのライヴは、当時ドイツのテレビ局へのプレゼン資料としてレコーディングされていたものだが、現在まで一般の手に渡ることがなかったという非常に貴重な作品だ。音源だけではなく映像でも残されていたこのライヴのアナログ・テープを丁寧にリストアし、こうして遂に発表されることとなる。このライヴ作品に関して、ニール・ヤングはこうコメントしている。 「Massey Hallのあの祝福された雰囲気とは違い、このパフォーマンスは非常に落ち着いたものとなっている。このパフォーマンスを、16mmのテープに収録していたんだ。『YOUNG SHAKESPEARE』はとても特別な作品だと言える。ファンのみんなに自信を持ってこう言えるよ、このアルバムは私たちのアーカイヴの中でも、最もピュアなサウンドが聴けるアコースティック・パフォーマンスだ、今までのシリーズの中でもベストと言えるだろう」

◆日本独自仕様となる高音質SHM-CD。ニール・ヤング&クレイジー・ホース「ウェイ・ダウン・イン・ザ・ラスト・バケット<SHM-CD>」(国内盤)と同時発売!

■曲目リスト
ディスク1
1.テル・ミー・ホワイ/2.オールド・マン/3.ダメージ・ダン/4.オハイオ/5.ダンス・ダンス・ダンス/6.カウガール・イン・ザ・サンド/7.男は女が必要/孤独の旅路(ハート・オブ・ゴールド)(メドレー)/8.過去への旅路/9.ブリング・ユー・ダウン/10.ヘルプレス/11.ダウン・バイ・ザ・リヴァー/12.シュガー・マウンテン
———————————————-

幻泉館日録:Way Down in the Rust Bucket

———————————————-
金子勝@masaru_kaneko 5:21
【人災内閣】日本ではgo toキャンペーンにより、基本的に同じ東京埼玉型で8月と秋冬の2回の波を繰り返すという愚行を行った。中止が遅れていく経緯をみると、総理大臣のメンツのため引き延ばされる。3月末までgo to補正予算1兆円を使い切るのか?五千人超死亡の人災内閣だ。https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/50459.html

青空文庫新着情報@aozoranow 3:29
内村 鑑三:基督信徒のなぐさめ:  明治二十四年四月十九日いわゆる『第一高等中学校不敬事件』ののちに、余のためにその生命を捨し余の先愛内村加寿子に謹んでこの著を献ず、願くは彼女の霊天に在りて主と偕に安かれ… ift.tt/2LKfYQK 青空文庫 #青空文庫

岩波書店@Iwanamishoten 7:01
【今日の名言】友への同情は、堅い殻のしたにひそんでいるのがいい。

――ニーチェ/氷上英廣訳『ツァラトゥストラはこう言った』(上) iwnm.jp/336392

毎日新聞ニュース@mainichijpnews 2/12 20:48
40年超原発再稼働、福井知事が検討に前向き 美浜、高浜の3基 https://mainichi.jp/20210212/k00/00m/040/249000c

毎日新聞ニュース@mainichijpnews 2/12 19:56
全国で1301人感染 金曜日2000人以下は11月13日以来 https://mainichi.jp/articles/20210212/k00/00m/040/229000c

47NEWS@47news 2/12 20:58
変死遺体132人、コロナ感染 1月に急増、自宅や施設で bit.ly/3ae5qCP

小田嶋隆@tako_ashi 2/12 14:03
五輪についてネガティブな話をすると
選手に憑依してものを言う人たちが集まってくる。
「南方で戦っている兵隊さんたちに申し訳ないと思わないのか」
 の現代版なのだと思っている。 https://twitter.com/iinanamimi/status/1360091367741874183
———————————————-

9条を殺すな!

幻泉館日録

カテゴリー: ニール・ヤング, 音楽 タグ: , パーマリンク

Neil Young / Young Shakespeare への2件のフィードバック

  1. みかん のコメント:

    こんばんは♪

    >♪星は帰ろうとしている♪という印象的なフレーズがあるのだが、これがプロデュースをしている星勝のことだというのだ。

    ええええ。
    ぜんぜんロマンチックじゃない・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です