フォークの学校

2020年2月5日

天気晴朗なれど風強し。
物干竿をぎりぎりと縛り付けて出かけた。

歯医者さんの待合室が暖かくて、ついうとうとしてしまう。

猫の夢を見た。
まだ両目が開いているチビコと、その兄弟。
うちの庭で元気にヨタヨタ歩いている。
無邪気な子猫たち。
あの頃に二匹とも飼ってやればよかった。
今はもういない。

名前を呼ばれて目が覚めた。

なぎら健壱&坂崎幸之助のお二人で本を出すそうだ。
なんだかBS&CSの懐かしい番組みたい。
山と渓谷社。

フォークの学校 なぎら先輩と坂崎くん

———————————————–
内容紹介

時代とともに生まれ、愛され続けてきたフォークソングの歴史と魅力について、
フォークの時代の生き証人であり、語り部である、
なぎら健壱、坂崎幸之助両氏が、とことん語り下ろすフォークソングバイブル。

フォークソングをリアルタイムで聴いてきた人はもちろん、
若い世代にも、これからも歌い継がれるであろう“エバーグリーン”なフォークソングに出会える一冊です。

1時限目・・・フォークソングの基礎知識
2時限目・・・反戦歌の時代~西岡たかし、中川五郎etc
3時限目・・・深夜放送の時代〜高石ともや、ザ・フォーク・クルセターズetc
4時限目・・・フォークブームとフェスの時代~中津川フォークジャンボリー~春一番コンサート、コンサートつま恋、ポプコンetc
昼休み・・・ネタ検討中
5時限目・・・放送禁止歌(自主規制)
6時限目・・・叙情派フォークから歌謡曲へ
放課後(コラム的に) ・・・日本のフォーク大相関図&大年表&出身地、レコードレーベル解説、労音など団体解説など
———————————————–

———————————————–
東京新聞 原発取材班@kochigen2017 9:37
建屋の外観は保った東京電力福島第一原発2号機ですが、事故当初、原子炉の減圧ができず最も危うい状況にありました。一度もベントができなかった「だろう」とされてきましたが、原子力規制委の現地調査でほぼ確定的となりました。その点をまとめました。 https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1256 #こちら原発取材班 pic.twitter.com/dr7UQKWea3

本ノ猪@honnoinosisi555 2/3 19:21
2月3日は、哲学者のシモーヌ・ヴェイユの誕生日。
私が労働を終えるたびに噛みしめるヴェイユの言葉を次に引用する。
「疲労が重なると、自分が工場にいる理由までも忘れ、こういう生活がもたらす最大の誘惑に負けそうになる。もう何も考えないという誘惑だ。」(『ヴェイユの言葉』P219) pic.twitter.com/Dvh3w52bzK

岩波書店@Iwanamishoten 7:01
【今日の名言】偽善は流行の悪徳だし、流行の悪徳ならなんでも美徳として通用するんだ。――モリエール『ドン・ジュアン』☞ iwnm.jp/325123

金子勝@masaru_kaneko 6:16
日刊ゲンダイの連載で「政権もメディアも犯罪的 桜隠しに肺炎パニック利用の悪辣」を書いた。新型肺炎に関して対策をとることは急務だが、パニックを煽って、アベのデタラメ答弁を隠すTVメディアは犯罪的ですらある。こんな惨めな国になってしまった現実を直視すべきだろう。https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268581

前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)@brahmslover 4:31
衆議院予算委員会黒岩宇洋氏へのアベ首相の答弁態度はひどかった。喧嘩腰の口調とせせせら笑い。鬼の首でも取ったかのように「キューベー」「キューベー」と叫ぶ。肝心なことには答えず、同じ台詞を何度でも長々と繰り返す。前夜祭の明細書の宛名は誰か、答えよ。

猫の泉@nekonoizumi 2/4 22:34
目次あり。「時代とともに生まれ、愛され続けてきたフォークソングの歴史と魅力について、フォークの時代の生き証人であり、語り部である、なぎら健壱、坂崎幸之助両氏が、 …」
⇒なぎら健壱,坂崎幸之助
『フォークの学校 なぎら先輩と坂崎くん』
山と渓谷社 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4635490300

毎日新聞ニュース@mainichijpnews 2/4 16:56
五輪期間中の首都高料金を1000円上乗せ 国交相許可 https://mainichi.jp/20200204/k00/00m/040/139000c

岩波書店@Iwanamishoten 2/4 14:00
「本書をご覧になれば、手塚治虫の人生とはどのようなものだったのか…そして彼が生涯追求し続けた「生命の尊厳」が何を意味するのか、明らかになってくるだろう」――「本がすき。」で手塚治虫『ぼくのマンガ人生』( iwnm.jp/430509 )が紹介されました。☞ https://honsuki.jp/series/shikouryokuwokitaeru/27320.html

———————————————–

9条を殺すな!

幻泉館日録

カテゴリー: 書籍と雑誌 タグ: , パーマリンク

2 Responses to フォークの学校

  1. みかん のコメント:

    こんばんは~

    チビコちゃんと兄弟くん、一緒にご飯食べにきてたんでしたっけ?
    さびしいですね。

    • 幻泉館主人 のコメント:

      みかんさん、こんにちは♪

      そう、二匹でうろちょろしてました。
      そして子供たちが餌を食べるのを、ブサオが守ってくれてたんです。
      ああ見えてとてもいいやつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です