知久寿焼のうた

 

元たま現パスカルズ等の知久君、アルバムが出るんですな。
その1がこれまでの音源集ですけど、へー、こんな人も一緒にやってるんだってのが気になります。
その2は完全全曲新録だそうです。

ヒガシマルのあの歌も入ってるそうですよ。
あら、いろんなバージョンがあるんですね。

YouTube: ヒガシマル醤油「うどんスープCM」オールスター(30秒)篇

知久寿焼のうた その1~いままでの音源ひとまとめ~ [BRIDGE-263]

知久寿焼のうた その2~ほとんど弾き語り新録もの~ [BRIDGE-264]

———————————————–
青空文庫新着情報@aozoranow 3:26
オーウェル ジョージ:ファシズムとは何か: あらゆる今日的な未解決問題の中で、最も重要なのはおそらくこれだ:「ファシズムとは何か。」 先日、米国のとある社会調査機関がこの質問を総勢百名の市民に向けたところ… bit.ly/2CyV5zf 青空文庫 #青空文庫

いしかわじゅん@ishikawajun 1/20 23:36
「いだてん」は2話まで見た。時間と場所があちこち飛び過ぎてわかりにくいけど、大河ファンのうちの父親は、ついてきてるかなあ。ビートたけしはまったくなにいってんだかわからないし、だいたいあの役要らないよな。素人に落語家の役をやらせるのはともかく、落語をやらせるのはやめてほしい。

crop@tinycrop 1/20 19:33
馬鹿だなあ。
フランス政府はルノーの大株主だから当然当事者だが、日産に出資もしていない日本政府が当事者になれるか、仮に当事者になったらそれはフェアなのか。
元官僚というのはそんな当然の理屈も分からない。これでは産業行政がボロボロになるのも無理はないと言うべきか、だから元官僚なのか。 https://twitter.com/usaminoriya/status/1086921676619685888

山口二郎@260yamaguchi 1/20 20:12
ハンストがテロであるわけはない。他人に対して暴力をふるう行為ではない。選挙以外の手段で政治的な意思表示をする行為をテロと呼ぶ発想はどこからくるのか。民主主義のもとでは、他人の権利を侵害しない限り、自分の主張を表現するのにどんな手段を使うのも自由という教育を徹底する必要がある。

津田大介@tsuda 1/20 19:49
ハンストが

テロのわけ

ねえだろ https://twitter.com/yanbarugurashi/status/1085984411865178112

47NEWS@47news 1/20 17:57
Tカード情報令状なく捜査に提供 規約明記せず、当局は保秘 bit.ly/2S4buG1

ソウル・フラワー・ユニオン@soulflowerunion 1/20 16:00
【執筆】

『ミュージックマガジン』2月号で、中川敬が書籍『プッシー・ライオットの革命〜自由のための闘い』の書評を執筆しています。

#soulflower pic.twitter.com/tYZ8zMStT3

———————————————–

9条を殺すな!

カテゴリー: 音楽 タグ: パーマリンク

2 Responses to 知久寿焼のうた

  1. なべ のコメント:

    どうも、先日話題にしてた喫茶店で、たまの前身ばんど「転ばぬ先の杖」のライブやったことあるんです。さよなら人類とかもうやってましたけどね、あんなにヒットするとは当時は思ってもいなかった、これも思い出のひとつです。

    • 幻泉館主人 のコメント:

      なべさん、こんばんは♪

      おお。
      それはすごい。
      メジャーデビュー前のカセットをダビングしてもらいましたっけ。
      ほんの少し前みたいな気がしてたけど、ずいぶん経つんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です