冬のサナトリウム

2018年3月25日
貧乏人の一族なんで、結核で多くの者を亡くしている。
おっ母さんは心臓病の他に、結核でも入院していたことがある。
一病息災どころではない。
よく生き延びてくれたものだ。
これが結核で苦しんだ最後の世代かな。
Twitterで流れてきた「結核文学」を眺めながら、そんなことを思い出した。
もっとも、隠喩としての病としては、結核は幸福である。
本人や周囲の者がどんなに苦しもうが、ある霊性が与えられる可能性さえある。
いまの「生活習慣病」とは大違い。
栄養状態が良ければ助かった結核患者も多かったろうに。
「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで糖尿になって病院に入るやつの医療費は俺たちが払っているんだから、公平じゃない」
「こいつが将来病気になったら医療費を払うのかと、無性に腹が立つときがある」
財政を圧迫するから、病気になるようなやつは切り捨てろ。
そんな連中が権力を握ってる。
LITERA : 「人工透析患者は死ね」の長谷川豊だけじゃない、麻生、曽野ら“自己責任厨”が叫ぶ「医療費亡国論」はインチキだ
幻泉館日録:隠喩としての病い
YouTube: あがた森魚1987 冬のサナトリウム

———————————————–
きっこ@kikko_no_blog 3/25 18:31
真相解明されたら一番困る本人が「必ず真相解明いたちまつ!」なんて言っても信用できるわけがない。つーか、安倍昭恵と籠池泰典と迫田英典と谷査恵子を同時に証人喚問すれば真実が分かるのに、それを拒否し続けてるのがお前だろ?
パイン・ヤング@Pine_Young 3/25 20:51
ニール・ヤング主演の映画『パラドックスの瞬間(とき)』を見る。ウィリー・ネルソンやプロミス・オブ・ザ・リアルのメンバーも出演している。自然界を映したとても美しい映像が印象的。サウンドトラックも様々なタイプの楽曲が流れ、またライブシーンもあり、ニールファンには見逃せない内容だ。
森達也(映画監督・作家)@MoriTatsuyaInfo 3/25 19:54
この時期、多くの人が万が一のことがもし起きたら、と考えていた。でも安易に口にはできない。不謹慎などと罵倒されるからだ。でも国会の場でこれを言った山本議員は凄い。ある意味で一本外れている。だからこそこの国の政治を変える起爆力になる。 https://twitter.com/umekichkun/status/977839051779727360
田中龍作@tanakaryusaku 3/25 20:04
ASEAN晩餐会(2013年)でアジア各国の首脳たちにAKB48とEXILEを披露した男の知性と感性は、相変わらずだった・・・
新記事『支持率急落の安倍首相、改憲ぶち上げる 小泉進次郎氏「権力は絶対腐敗する」』 http://tanakaryusaku.jp/2018/03/00017839
松原耕二@matsubarakoji 3/25 13:51
金曜、官邸前デモの取材に行ったが警察官の数に驚いた。参加者からも最近の警備の厳しさは異常だという声が。さらに時を同じくして成立しようとしている都の「迷惑防止条例」改正案は、デモに拡大解釈される恐れはあるのか、弁護士の亀石倫子さんに聞きます。今夜9時BS-TBS「週刊報道LIFE」です。
amass@amass_jp 3/25 3:57
ポール・マッカートニーが銃規制を訴える大規模な抗議デモに参加。デモは全米各都市で実施され、ポールはニューヨークにてジョン・レノンを偲んで参加。ポールは「私の親友のひとりが、この辺で銃による暴力で殺された。だから私にとっては重要だ」とコメント。映像あり amass.jp/102822/
岩波書店@Iwanamishoten 3/25 15:00
1909年3月25日,永井荷風の『ふらんす物語』が発禁処分を受けます.荷風自身はその原因を「放蕩」「脚本 異境の恋」の2作とにらんでいたようですが… 皆さんはどうお感じになるでしょう.発禁となった初版本を再現した岩波文庫版は☞ iwnm.jp/310429

岩波書店@Iwanamishoten 3/25 10:00
今日は電気記念日.1878年の今日,東京・虎ノ門の工部大学校でアーク灯が点灯,日本人が点灯する電灯を公の場で初めて見た日になりました.その時使われたのは電池を使用したもの.140年経った今では,各地で「地域の電力は自分たちでつくる!」取り組みが始まっています.☞ iwnm.jp/500795 pic.twitter.com/foeWnlmZc9

———————————————–

9条を殺すな!

幻泉館

カテゴリー: 日常雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です