カルメンの穴あきくつした

カルメンの穴あきくつしたー自伝的小萹と読書ノート (田中克彦セレクシヨンI)

また郵便局がやらかしてくれた。
一日中家にたのだが、不在連絡票を放り込まれた。
呼び鈴も鳴らしちゃいない。

以前は元日着の年賀状を捨てられたことがあった。
私の留守に菓子折りを持ってきて、おっ母さんが受け取ってしまったのでうやむや。

日本郵便になっても、親方日の丸の体質は変わってない。
年賀状、もうこちらからは出しません。

あれ、田中克彦さんの新刊だ。
ちょっと高いけど、読みたいな。
どうして新泉社から出ることになったのかしら。

カルメンの穴あきくつしたー自伝的小萹と読書ノート (田中克彦セレクシヨンI)

———————————————–
内容紹介

言語学者であり、モンゴル学者である田中克彦は、1961年(27歳)から今日83歳に至るまで、新聞、雑誌、ミニコミ誌などから、求められるままに170篇ほどの小文・雑文を書いてきましたが、その大部分がこれまでの著書には含まれていません。
それらは田中の好みを存分に発揮したものである以上に、また言論界が田中に求めた折々の関心の推移をも反映した興味深いものであります。そして、これらはまた、過去60年にわたる日本社会の変貌をも映し出す結果となっています。
このたび、これら小文・雑文類を『田中克彦セレクシヨン』として3巻に分け、それぞれ、I.自伝的小篇と読書ノート萹、II.言語・日本語萹、III.モンゴル、中央アジア、ノモンハン萹などとして、順次刊行することになりました。
セレクシヨンIである本書『カルメンの穴あきくつした』には、自伝的なエッセイから書評、社会批評などが収録されています。田中の興味の広さ、深さを再認識できるとともに、言語学的考察にもとづく田中の論は、多様性が求められる現代にこそ読んでおきたい書であります。
———————————————–

———————————————–
幻泉館主人@gensenkan99 12/5 22:42
はしだのりひこさん通夜は「音楽葬」長女が闘病語る https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712050000723.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから

水@yzjps 12/5 18:50
森ゆうこ すごいねぇ~加計・虚偽答弁「利害関係者でしょ、加計にワーキンググループでの発言も許可しちゃう、すごいねぇ~。全くオープンになってませんね
まさしく事業予定者じゃないですか。 続きは(7日の)合同審査会でやりますが、 完全な隠蔽じゃないですか!」全17分youtu.be/a-8PI55L_3c pic.twitter.com/Vf7OKWpbtX

中野阿佐ヶ谷(こんな人・排除される側)@akihikoyoshitom 12/5 19:58
NHKよ!山本太郎の質問とりあげろよ!加計問題なんて全然やらねえじゃん?伊藤詩織問題も?かならず北朝鮮ミサイル発射映像から始める軍拡CM局NHK、山本太郎突っ込み鋭いわーー、勉強してるーー。https://twitter.com/granamoryoko18/status/937976444600250368

是々非々が大事@カケ学園獣医学部はバカ@loveforeverkana 12/5 12:03
しょっちゅう言ってるけど今の自民党とか維新って昔の自民党じゃなくて民社党なんだよ。自民党じゃなく民社のバカが政権とってる。言ってることが大内啓伍とか塚本三郎とかと同じ。中道とかいってやってることがピノチェト応援とか。今も民社の残党は在特会や日本会議とつながり深いしどうしようもない

いしかわじゅん@ishikawajun 12/5 18:38
中道入ったところに、古い家があって、広い庭には大木が何本か生えていたが、家も半分以上取り壊されて、残った家には老人が住んでいる。庭も駐車場になり、大木も今ではこの銀杏の木一本になってしまった。この木がいつまでもここに聳えていますように。 pic.twitter.com/jMQme1iQob

幻泉館主人@gensenkan99 12/5 18:04
[ネットゲリラ] アベ友逮捕でホホイのホイ http://my.shadowcity.jp/2017/12/post-12285.html
#安倍晋三

空  【安倍政権打倒!】@kskt21 12/4 23:58
日本相撲協会評議委員議長・池坊保子(元公明党議員)「相撲協会というのは国の法律より上位にくる」←こんなのが評議委員議長に居座ってんだから相撲界が乱れるのも頷ける!

幻泉館主人@gensenkan99 12/5 15:46
市内C病院の岡田医師を名乗る人物から電話あり。
家人に悪性の腫瘍が見つかったという。
もう一度名前を確認してから、二年前に死んだのだがというと、電話を切られた。
どういう詐欺なんだよ。

鈴木 耕@kou_1970 12/4 18:52
原子力ムラの薄汚い卑劣な面々が、ついに原発新増設へ蠢きだした。こいつらを一掃しなければ、日本はほんとうに沈没しちまうぞ!→ 原発新設、議論着手へ=エネルギー計画見直しで―国民理解に課題・経産省(時事通信) – Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000041-jij-pol @YahooNewsTopics

立川談四楼@Dgoutokuji 12/5 12:19
柚木道義議員の、法務委員会における伊藤詩織さん事件への追及は見事だった。希望の党入り前後の言動には呆れたが、見直した。起死回生というやつだ。「呼んだのに中村格氏が来ていない。何故だ?」と言い出した時、議場が凍りついたよ。山口敬之氏とその逮捕を止めた一件こそ安倍さんの急所なんだね。

中川五郎@GoroNakagawa 12/5 11:30
盛田隆二さんの最新作「焼け跡のハイヒール」読み終えました。激しく心揺さぶられる作品。最大の愛を込めて両親の物語を書く作家の魂に感動。こんなに素敵な作品を書かれた両親はきっと天で幸せの極致。すごい親孝行。詳述な戦時中の描写に反戦の思いを強く感じ取り、終章17章のすごい展開にも吃驚。 pic.twitter.com/PtsvaeKlX0

岩波書店@Iwanamishoten 12/5 7:00
【今日の名言】そもそも手が機械と異る点は,それがいつも直接に心と繋がれていることであります.機械には心がありません.これが手仕事に不思議な働きを起させる所以だと思います.――柳宗悦『手仕事の日本』☞ iwnm.jp/331692

早川タダノリ@hayakawa2600 12/5 8:19
「私にとって、戦争の終りは、神聖なものの消滅を意味していました。まじめくさってやってきたものが、八月十五日という日から、コッケイなものと思われはじめたのです。実際、私たちは、考えるとコッケイなことをしてきたのです」なだいなだ『人間、この非人間的なもの』
———————————————–

9条を殺すな!

幻泉館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です