私は地の果てまで #2

突然、五つの赤い風船の、あのアルバムが聴きたくなったのである。
CDを発掘しにいくのは面倒なので、YouTubeでいいかと。
ああ、あるある。

以前リンクを張ったものはもう削除されていたので、こちらで。

YouTube: Itsutsu No Akai Fusen – 時々それは

YouTube: 五つの赤い風船 – 私は地の果てまで [1971]

アマゾンさん覗いたら、中古CDにとんでもない価格が付いてるなあ。
でも、BOXセットが新品で買えるじゃん。
変なの。

URCコレクション1969-1971 CD-BOX

幻泉館日録:私は地の果てまで

幻泉館日録:五つの赤い風船 マイベスト

幻泉館日録:「遠い空の彼方に」(1969年)

幻泉館日録: 五つの赤い風船『ゲームは終わり』(1972年)

幻泉館日録:五つの赤い風船「美しいものは」(1973年)

幻泉館日録:五つの赤い風船「時々それは」(1971年)

———————————————–
ハル@esmhal 19:37
福島第一原発3号機、使用済み燃料プールの冷却設備が停止(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171127-00000068-jnn-soci @YahooNewsTopics

47NEWS@47news 19:40
福井の2原発、同時稼働へ 知事、大飯で同意 bit.ly/2jZtTEe

水木プロダクション@mizukipro 17:27
水木のエッセイや自伝漫画でおなじみの、水木しげるの兄宗平が、22日に亡くなりました。水木が亡くなってからすっかり元気をなくしていた宗平ですが、今はあの世で再会を喜んでいることでしょう。葬儀は近親者で済ませました。

小田嶋隆@tako_ashi 13:38
たしかに「言わなきゃ良かった」は、謝罪でもなければ撤回でもありませんね。「本当のことを言ったオレがバカだった」か、あるいは「おまえらみたいな善人面の揚げ足取りマスコミが目を光らせてる場所でうっかり本当のことを言ってしまったオレがうかつだった」ぐらいな開き直りに聞こえます。

松尾 貴史@Kitsch_Matsuo 11/23 12:41
私には無残に見えるあすなろの姿。イベント終わりで切り刻んで削って腕輪にして3800円で売るのね。気持ち悪い発想。一瞬の巨根崇拝なのか。150年生きていた土地からもいで連れて来て処刑、という様相。
→クリスマスツリー:神戸の公園に「世界一」 高さ30m超 – 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20171117/k00/00e/040/192000c

岩波書店@Iwanamishoten 12:00
今日は,豊島与志雄の誕生日(1890年).第3次『新思潮』同人として出発し,知性と抒情の調和した清新な作風の作品を多く残しました.今日では,『レ・ミゼラブル』( iwnm.jp/325311 )や『ジャン・クリストフ』( iwnm.jp/325551 )の名訳者としての名が知られていますね.
 
———————————————–

9条を殺すな!

幻泉館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です