シャングリラ

日が長くなったので、午後4時過ぎぐらいに浜に行ったら、日没まではまだだいぶ間があった。
公園の松林に桜があったのを思い出して、少し散歩した。
やっぱりまだまだつぼみが多い。
暗い松林の中で満開になると、幻想的な感じになる。
日光が当たらなくても大丈夫なのかしら。
千本浜 2008年3月24日
ジャクソン・ブラウンのベスト盤を聴きながらうとうと昼寝をした。
2枚組みの方。
寝床ステレオはダブルMDなので、2枚の連続演奏ができる。
だから2枚組みのアルバムや、加川良さんの『ユーズド2』と『ユーズド・エンド』をMDにダビングしたものを、ぐるぐると流して寝るのである。
夢を見た。
鉄条網の脇に、血まみれになった子供たちが呆然と立ち尽くす。
はっと目を覚ますと、「ライヴズ・イン・ザ・バランス」が流れていた。
ケーナの音が悲しく響く。
80年代、レーガン大統領の対中南米政策を批判するために作られた歌なので、フォルクローレが採られたのだろう。
 ♪ And there are lives in the balance
 ♪ There are people under fire
 ♪ There are children at the cannons
 ♪ And there is blood on the wire
 ♪ 不安定な状態での生活
 ♪ 砲火を浴びる人々
 ♪ 銃撃される子供たち
 ♪ 鉄条網は血にまみれる
      (Lives In The Balance 中川五郎訳)
シャングリラ(Shangri-La)は、香格里拉と書くそうだ。
中国雲南省北部に香格里拉県ができたのは最近のこと。
『失われた地平線(Lost Horizon』でシャングリラとなったのは、チベット仏教の伝説にある理想郷シャンバラ(Shambhala)なのだという。
平和な理想郷。
現実には、どこにも存在しない。
BlogPet 9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー
Lives in the Balance

カテゴリー: 音楽 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です