ぼくの歌・みんなの歌

2008年3月23日
こういう本が出ていたんだと、森達也さんの本を購入。
奥付を見ると、2007年10月25日発行。
気づかなかったなあ。
ぼくの歌・みんなの歌
講談社のPR誌『本』の連載をまとめたもの。
連載時は各回に一曲採り上げるのが基本的な形で、「名曲と時代と極私的体験」が書かれている。
———————————————-
ホテル・カリフォルニア(イーグルス)
ライク・ア・ハリケーン(ニール・ヤング)
青空(ザ・ブルーハーツ)
赤色エレジー(あがた森魚)
ペッパー警部(ピンク・レディー)
ライク・ア・ローリング・ストーン(ボブ・ディラン)
レブン・カムイ(ソウル・フラワー・モノノケ・サミット)
落ち葉のコンチェルト(アルバート・ハモンド)
演歌の花道(森進一、添田唖蝉坊ほか)
出発の歌(小室等)
スカボローフェア/詠唱(サイモン&ガーファンクルほか)
かごめかごめ(放送禁止歌)
フォークのカリスマ考(岡林信康、吉田拓郎)
イマジン(ジョン・レノン)
ワン・ラブ(ボブ・マーリー)
系図(高田渡)
雨あがりの夜空に(忌野清志郎)
ボヘミアン・ラプソディ(クィーン)
アポロ(ポルノグラフィティ)
過剰な女(中森明菜)
乾杯(友部正人)
勝手にシンドバッド(サザンオールスターズ)
ボーン・イン・ザ・USA(ブルース・スプリングスティーン)
喝采(ちあきなおみ)
傘がない(井上陽水)
———————————————-
森さんは私と同じ年の生まれだそうなので、選曲や体験に頷けるところが多い。
長かった1972年2月28日のことを歌っている「乾杯」の歌詞を延々と引用してしまうのも、すごくよくわかる。
もちろん懐メロ回顧エッセイではない。
たとえば「レブン・カムイ」というタイトルを見てモノノケ・サミットだと気づく同世代は、むしろ少数派なのだろう。
その辺りの選曲も、実に心地好い。
単行本の後書きでは、ニール・ヤングのアルバム『リヴィング・ウィズ・ウォー』のことを書いている。
森さんは今もっとも信用できる書き手の一人だと思うが、本来は映像作家だ。
ライターと呼ばれるような仕事をしている人たちの水準が、それだけ落ちているということなのだろう。
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 書籍・雑誌 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です