なんてったってアイドル

伝説は伝説。
実際に映像を見てみると、それは違うんじゃないかと思うことも多い。
 →Peter Stone Brown on Dylan at Newport
 →DYLAN GOES ELECTRIC
 →The myth of Newport ’65: It wasn’t Bob Dylan they were booing
1963年から1965年、ニューポート・フォーク・フェスティバルでのボブ・ディラン。
初々しい若者として登場し、熱狂的な支持を受けて偶像となり、エレクトリックサウンドで偶像を壊すディラン。
“The Other Side of The Mirror”の日本盤が出ました。
鏡の反対側。
最後の1965年は、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでもう一つの伝説を作る、その前年です。
 ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965
CHAPTER LIST
All I Really Want To Do (7/24/1965) – afternoon workshop
[1963]
North Country Blues
With God On Our Side (with Joan Baez)
Talkin’ World War III Blues
Who Killed Davey Moore?
Only A Pawn In Their Game
Blowin’ In The Wind (with The Freedom Singers, Joan Baez, and Peter, Paul and Mary)
[1964]
Mr. Tambourine Man
Johnny Cash sings Don’t Think Twice, It’s All Right
Joan Baez sings Mary Hamilton as Bob Dylan
It Ain’t Me, Babe (with Joan Baez)
With God On Our Side (with Joan Baez)
Chimes Of Freedom
[1965]
If You Gotta Go, Go Now
Love Minus Zero/No Limit
Maggie’s Farm (electric)
Like A Rolling Stone (electric)
Mr. Tambourine Man
It’s All Over Now, Baby Blue
Bonus Feature: Interview with director Murray Lerner
 The Bootleg Series, Vol. 4: Bob Dylan Live, 1966: The “Royal Albert Hall Concert”
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: ボブ・ディラン自伝『クロニクルズ』 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です