突然、嵐のように

Like a Hurricane
今夜の夜泣き歌は、Neil Youngの”Like a Hurricane”です。
80年代に入ってから輸入盤のレコードで”American Stars ‘N Bars”というアルバムを安く買って、それで繰り返して聴いたのだっけ。
 →Wikipedia: American Stars ‘N Bars
ずっとCD化されていなかったので、CDになった時は嬉しかったなあ。
輸入盤のカセットなんてのも買いました。
あれ、日本版CDはもう出てないのかな。
まあ、輸入盤が手に入ればまったく問題ないか。
2001年のFuji Rockはすごかったらしい。
そうかぁ?。
そうだったんだぁ。
 →Fuji Rock Festival’01 Day 2-Vol.6
さすがにナイロン弦の生音でこの曲を夜泣いても、雰囲気が出ない。
やっぱりビグスビーのトレモロアームを付けた黒いレスポールが必要なんじゃないか。
なんちって。
この楽譜はですね、ギターマガジンが出している『復刻! ビンテージ・ギター・スコア40選』という本を見ているのです。
リットーミュージックのホームページで実施したアンケートを元にして曲を選び、抜き刷りをしたそうです。
セメントフォーク大全集のギター版といった感じね。
ぽつぽつとギターを練習するのに良さそうです。
復刻! ビンテージ・ギター・スコア40選 保存版
———————————————-
【収録曲】(全40曲)
Ready to fly(高中正義)
キャプテン・フィンガーズ(リー・リトナー)
ペグ(スティーリー・ダン)
ロザーナ(TOTO)
セパレイト・ウェイズ(ジャーニー)
ミスター・クロウリー(オジー・オズボーン)
デキシー・チキン(リトル・フィート)
ハートブレイカー(グランド・ファンク・レイルロード)
いとしのレイラ(デレク&ドミノス)
ホテル・カリフォルニア(イーグルス)
スキャッターブレイン(ジェフ・ベック)
ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル(ガンズ・アンド・ローゼズ)
ハイウェイ・スター(ディープ・パープル)
ロクサーヌ(ポリス)
哀しみの恋人達(ジェフ・ベック)
ライク・ア・ハリケーン(ニール・ヤング&クレイジー・ホース)
迷信(ベック・ボガート&アピス)
21世紀の精神異常者(キング・クリムゾン)
レニー(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)
デフィニットリー・メイビー(ジェフ・ベック・グループ)
SMOKY(PSYCHEDELIX)
ドリーム・オン(エアロスミス)
悲しみのアンジー(ローリング・ストーンズ)
哀愁のヨーロッパ(サンタナ)
ルーム335(ラリー・カールトン)
チェンジ・ザ・ワールド(エリック・クラプトン)
ホワイト・ルーム(クリーム)
スウィート・ホーム・シカゴ(ロバート・ジョンソン)
クロスロード(クリーム)
トゥ・ビー・ウィズ・ユー(MR.BIG)
キラー・クイーン(クイーン)
レッド・ブーツ(ジェフ・ベック)
レモン・ソング(レッド・ツェッペリン)
バック・イン・ブラック(AC/DC)
ウォーク・ディス・ウェイ(エアロスミス)
アメリカン・バンド(グランド・ファンク)
ジョニー・B・グッド(チャック・ベリー)
蒼き風(ジェフ・ベック)
スカットル・バッティン(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)
パリの散歩道(ゲイリー・ムーア)
———————————————-
BlogPet American_Stars%27n%27Bars.jpg American Stars ‘N Bars
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 書籍・雑誌, 音楽 パーマリンク

3 Responses to 突然、嵐のように

  1. なも のコメント:

    御主人,こんばんは。
    書かれた記事の内容とは何の関係もないのですが,タイトルを見て,唐突に「突然炎のごとく」(ジュールとジム)というトリュフォーの映画を想起してしまいました。
    無二の親友になった2人の男性の前に,美しい女性(ジャンヌ・モロー)が現れて,友情と愛情が微妙なバランスを取りながら・・・といった映画だったと思いますが・・・。

  2. BlogPetのヒナ のコメント:

    幻泉館主人はホームページで実施するとおもうの?

  3. 幻泉館主人 のコメント:

    ありましたね、トリュフォーの映画。
    実はこのタイトルは山根成之監督の映画から採りました。
    郷ひろみ主演です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です