五つの赤い風船

『五つの赤い風船と仲間たち』というアルバムが出るそうだ。
 →五つの赤い風船
「五つの赤い風船」と仲間たち
五つの赤い風船結成が1967年4月。
私が小学生の時です。
40年はすごいですね。
5月には東京、大阪、名古屋で結成40周年記念「五つの赤い風船と仲間たち」コンサートが開かれます。
私は中学生、高校生だった頃より、今の方が風船が好きです。
西岡さんが元気に活動しているのは嬉しいし、できれば行きたいとは思っています。
ただ、残念なことにURCのオリジナルアルバムは今お店で買えません。
もちろんURC第一弾だったカップリングアルバム『高田渡/五つの赤い風船』はCDが買えます。
その後の5枚のアルバム。
編集盤はいろいろ出ていますが、この5枚こそが、あの五つの赤い風船だと思うのです。
これを聴かなくては、五つの赤い風船が怪物のようなグループだったことがわからにくいのではないでしょうか。
その一番肝心な部分が、今は入手できなくなっています。
 →五つの赤い風船ランド:ディスコグラフィ 1
『おとぎばなし』(1969年)
『おとぎばなし』(1969年)
『巫OLK脱出計画』(1970年)
『巫OLK脱出計画』(1970年)
『イン・コンサート』(1970年)
『イン・コンサート』(1970年)
『Flight(アルバム第5集 Part1)』(1971年)
『Flight(アルバム第5集 Part1)』(1971年)
『New Sky(アルバム第5集 Part2)』(1971年)
『New Sky(アルバム第5集 Part2)』(1971年)
当時、実際に風船のレコードを聴いたのは『Flight(アルバム第5集 Part1)』(1971年)。
前にも書いたが、友達の家に行ったら大学生のお姉さんが帰省していて、これを聴かせてくれたのだ。
お姉さんが健やかな大声で、レコードと一緒に歌っているのが、とてもまぶしかった。
「遠い世界に」や、友達のお姉さんの歌声で、風船にはとても健全なイメージを抱いていたのだが、実験的なことをやっていたり、とても暗い部分があるのを知ったのは、ずっと後になってからだった。
数年前にとても聴きたくなったので、中古レコードを探してきては自分でCD-Rに焼き直した。
その後ちょっと苦労して東芝EMIが出していたCDを入手した。
すごいアルバムなんですが、こういう傑作がCDで買えないという状況は寂しいものです。
う?ん、エイベックスさん、アマゾンさん、なんとかまた復刻してもらえませんかねぇ。

高田渡・五つの赤い風船(紙ジャケット仕様)
ゲームは終わり (解散記念実況盤)
モニュメント
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 70年代サブカルチャー, 音楽 パーマリンク

4 Responses to 五つの赤い風船

  1. なも のコメント:

    御主人,おはようございます。
    風船をきちんと聞き始めたのは,いつごろだったか?多分中学2年のころでしょう。中学3年のときに「解散コンサート」に行ったら,「反目」(ハンメ)だった奴も来ていて,面白くなかった。
    ここで御紹介されたLPのうち,持っているのは「Flight/New Sky」だけ,「ゲームは終わり」と「モニュメント」も一応実家にあります。
    西岡さんは,一時「超私小説的」になられて,「この方も一時の中川五郎さんのようになってしまわれるのかなあ」と思っていましたら,また新たな風船を作られて,少し安心しました。
    ところで,この春,「海なし県」から「周り海県」に移りました。日帰り温泉は減りましたが,お魚には恵まれそうです。

  2. 幻泉館主人 のコメント:

    なもさん、こんにちは♪
    友達の家で風船を聴いたは、中学2年の時でした。
    お姉さんは夏休みにバイトして買ったばかりだったのかな。
    昔の風船を生で観たことがないのが残念です。
    はて、「周り海県」とは、最北か最南の地?
    確かにお魚がおいしそうではありますが。

  3. なも のコメント:

    追伸
    「周り海県」と言っても周囲全部が海というわけではありません。房総半島の真ん中辺に移ったのです。

  4. 幻泉館主人 のコメント:

    なるほど、房総半島の真ん中。
    東京までの距離はのんびり市とおなじぐらいかな。
    20年以上前になりますが、暴走列島というシリーズの本を売ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です