葦原将軍の末裔たち

いわゆるネット右翼(プロ奴隷)や軍事ヲタクが愚かなのは、「ブラブラ節」に描かれるような貧乏人の生活に自分が陥ったところを思うだけの想像力が欠如しているところである。
二世議員とは、勤務実績がまったくなくても給与や年金を払ってもらえるような連中だ。
そういうものの言いなりになる、まさに奴隷志願者。
彼らの脳内では、自らの姿は虫けらのように殺される一兵卒ではなくて、軍事参謀あたりになってしまっているのだろう。
「葦原将軍」みたいなもの。
哀れと言えば哀れだな。
カテゴリー: 日常雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です