夜が短い

2013年5月4日
ああ、終わっちゃったなあ、春一番。
お風呂に入ると、日に焼けた腕がぴりぴりとします。
身体に刻み込まれた、祝春一番2013の思い出です。
上の画像は最終日ではありません。
大入り満員の二日目、5月4日の終了時です。
もう一枚ずつチケット買ってもらいたいわと風太さんが冗談を言うほど、人が少なかったのであります。
周りを見回すと、なんとなく見知った顔が多いのです。
山中一平さんとAZUMIさんの「河内音頭 あべのぼる一代記 不常識/あべのぼる物語」、良かったですよ。
笑いながら、泣いてしまいました。
今回、自分へのお土産は「雲遊天下」の最新号。
特集は「夜が短い」、つまりあべのぼる特集です。
「あべのぼる詩集」「あべのぼる物語」「アズミインタビュー」。
あの『あべのぼる自伝 1969年、新宿PIT INNからはじまった』に心を動かされた人は、必読であります。
最終日のトリは中川五郎さん。
アンコール「わが心のヤスガーズファーム」が終わったところで服部緑地野外音楽堂を後にしたのですが、もしかしたらその後なにかあったかもしれませんね。
来年もやるぞ宣言とか。
幻泉館日録:1969年、新宿PIT INNからはじまった
 


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 書籍と雑誌, 音楽 タグ: , , , , パーマリンク

2 Responses to 夜が短い

  1. みかん のコメント:

    こんばんは♪
    わたしもすっかり日に焼けました~
    雨にも降られましたけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です