山上の雷鳴

ディランの新譜が届いた。
今回はおまけDVDの都合上、日本盤を注文。
夏の終わりに届くんだなあと思っていたのだった。
夏が終わった。
「☆ボブ・ディラン・直輸入スペシャルグッズプレゼント!」という、妙なシールが貼り付いている。
グッズって何だ?
当たれよ!
帯荷は\3,150-(悪税込み)となっているんだけど、アマゾンだと\2,520-(悪税込み)です。
不思議。
CDは再販価格制度外れてたんだっけ。
本末転倒だけど、そのおまけのDVDをまず観る。
#1 Blood In My Eyes (1993年)
  これは変。
#2 Love Sick (1998年)
  不思議な空間だと思ったら、グラミー賞受賞式のステージ。
  乱入男”SOY BOMB”の映像はカットしてほしくなかったなあ。
#3 Things Have Changed (2000年)
  これも変。
  PVや口パクが似あわない人だなあ。
#4 Cold Irons Bound (2002年)
  『ボブ・ディランの頭のなか(Masked And Anonymous)』撮影時の演奏。
  固定した広角撮影が面白い。
そうそう何回も観るものではなさそうなので、やっぱり輸入盤で良かったのかなあ。
さて、肝心の新譜。
1曲目はディランがしわがれ声で静かに歌うロックンロール。
懐かしいメロディに、ディランらしい言葉が載せてある。
 ♪ Gonna make a lot of money, gonna go up north
 ♪ I’ll plant and I’ll harvest what the earth brings forth
 ♪ The hammer’s on the table, the pitchfork’s on the shelf
 ♪ For the love of God, you ought to take pity on yourself
 ♪ 金儲けをしよう、北へ行こう
 ♪ 種を蒔いて、大地がもたらすものを刈り取るんだ
 ♪ テーブルにはハンマー、棚には乾し草用フォーク
 ♪ 神への愛のために、身を哀れに思うべき
       ”Thunder On The Mountain” 山上の雷鳴
ははは、何だかわからんですな。
米国盤オリジナルジャケットに日本語パンフレットを挟み込んだ、ディランものとしては珍しい体裁です。
中川五郎さんの訳詞は付いていますが、元の歌詞が載っていないのは残念。
ちょっとがんばってほしかったなあ。
Modern Times
BlogPet
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です