兵隊の歌

『長谷川四郎詩集』が届いた。
土曜美術社の現代詩文庫。
奥付は1982年4月10日発行、定価880円。
紙の色は経年変化で黄色くなっているのだが、スリップも入ったままの綺麗な状態だ。
つまり、売れなかったのだろう。
詩集『原住民の歌』(晶文社・1973年)が再録されているが、その中に「兵隊の歌」がある。
ウディ・ガスリー自伝『ギターをとって弦をはれ』の邦題は、この詩の冒頭から採ったものだ。
(1)
  ギターをとって
  絃をはれ
  兵隊の歌をうたおう
    ハヨホイハヨホイハヨホイホイ
「弦」ではなくて、糸偏の「絃」。
15連もある、意外に長い詩だった。
『ジョニーは戦場へ行った』のような兵隊の姿が次々に歌われる。
(3)
  あぶらの海に
  うかんでた
  ぶっくぶっくのしかばねが
    ハヨホイハヨホイハヨホイホイ
(5)
  兵隊は生きたに
  まんまで
  煉瓦の下にうずまった
    ハヨホイハヨホイハヨホイホイ
(6)
  五臓六腑が
  とびだして
  冷凍にされた兵隊は
    ハヨホイハヨホイハヨホイホイ
(7)
  夏はきらきら
  野のはてで
  うじ虫だらけでドロドロとける
    ハヨホイハヨホイハヨホイホイ
大伴家持が作った歌を思い出した。
 ♪ 海ゆかば水漬く屍
 ♪ 山ゆかば草むす屍
 ♪ 大君の辺にこそ死なめ
 ♪ かへりみはせじ
 →幻泉館日録:海ゆかば
BlogPet
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

カテゴリー: 書籍・雑誌 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です