Never Let Me Go

録画しておいてたETV特集を観ました。
細野晴臣さんの前の週、再放送でやってくれた「カズオ・イシグロをさがして」。
カズオ・イシグロさんのことをまったく知らなかったので、とてもおもしろく観ました。

なんとなくイシグロさんはバイリンガルだと思っていたら、違うんですね。
まったく知らなかった。
長崎にいたのは、5歳まで。
日本語が母語になりそうな気がしますが、彼にとっての母語はイギリス語なわけです。
そのあたりを誤解しておりました。

とりあえず、『わたしを離さないで(Never Let Me Go)』でしょうか。
たっぷりネタばれ映像を観てしまいました。
ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか(Do Androids Dream of Electric Sheep?)』を、ずっと上品にした感じかしら。

Never Let Me Go

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

レイチェル・ポートマン/オリジナル・サウンドトラック 『わたしを離さないで』


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

うみべのまち 佐々木マキのマンガ 1967-81

お。
これ、欲しいな。

うみべのまち 佐々木マキのマンガ 1967-81

————————————————————————————————
【概要】

1960年代に「ガロ」で鮮烈なデビューを果たしたマンガ家・イラストレーター・絵本作家の佐々木マキ。著者が60年代~80年代のアタマにかけて発表した前衛的マンガ作品の数々を自選で集成した、奇蹟の復刻版がついに刊行! 総計400ページ超! 単行本初収録作品も多数掲載!

天才! 鬼才! 奇想天外!

佐々木マキのナンセンス世界にようこそ!

(装幀:祖父江慎) 

【目次】
天国でみる夢/アンリとアンヌのバラード/セブンティーン/うみべのまち/まちのうま/ぼうや、かわいいぼうや/ヴェトナム討論/かなしい まっくす/巨大な象 II/サマーコース/ソーダ・ファウンテン/港のマリー/分類学入門/チーチー・ハット/軽気劇 砂漠の眼玉/ピクルス街異聞/ディン・ドン・サーカス/バッド・ムーン/フクロウと子猫ちゃん/たわごと師たち・古典的あべこべロック/六月の隕石/J・J・ピカール氏の話の続き 1/J・J・ピカール氏の話の続き 2/ぼくのデブインコちゃん/スキャット大佐の記録/消火栓男/旅の天使 /どくしょのたしなみ/Dr.イソップ/道徳マンガ/無敵の俗物 – それぞれの朝 – 砂に消えた涙 – ノーキッド・ノークライ – 贋金造り(メイク・ア・フェイク) – 非情の掟/ハーフ・クレイジー/あとがき
————————————————————————————————


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

Black Peanuts

Black Peanuts

ああ、YouTubeにありますね、「Black Peanuts」。
検索してみるもんですな。
これこれ。

 ♪ Black Peanuts 一つで貧乏にゃバイョン
 ♪ ウーム Salt Peanuts 買いにたまにゃ来いよ
 ♪ Black Peanuts 一つぶ摘みゃワイロン
 ♪ Magic Peanuts これで貧乏にゃバイョン

 ♪ 旦那そんなに浮かれちゃ 売り声がひびく
 ♪ 声高らかじゃ そいつぁこまるよ
 ♪ 入んな入んな 裏から 声を忍ばせて
 ♪ 一粒頂戴か

あの頃の朝日ジャーナルはおもしろかったなあ。
ロッキード事件の報道が、日刊紙の朝日新聞より、週刊誌の朝日ジャーナルの方がずっと早かったりしました。

ピーナッツは賄賂の単位としてニュースに登場したのでありますが、実に不思議なことに、疑惑が報道されている候補者の選挙ポスターに、黒いピーナッツとか書かれたシールがぺたぺた貼られたのでございます。
わかりやすくていいですね。

今度の選挙にも、そんなシール登場しませんかね。
「原発推進派」
「東電から献金」
ね、わかりやすくていいでしょ。
犯罪なんでやっちゃいけませんけど。

泰安洋行(紙ジャケット仕様)


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

JAPAN’S NUCLEAR NIGHTMARE

TIME

古い朝日ジャーナルを引っ張りだそうと雑誌の山を漁っていたら、これまた古いTIME誌が出てきました。

表紙を見てぎょっとしたのです。
一瞬「今」のことかと思いました。

“JAPAN’S NUCLEAR NIGHTMARE”
え?
1999年10月11日号。
英語誌ですが、本国とは違う内容の日本版です。
この時の外の国の表紙は、どうだったんでしょう。

ここで核の悪夢と言っているのは、東海村臨界事故のことです。

TIME

————————————————————————-
TOO
HOT TO
HANDLE

A radioactive accident in Japan triggers concerns
about the nation’s dependence on nuclear
power — and its inability to deal with crises
————————————————————————-

「原子力に依存しすぎ、そして危機を処理する能力がない」と、いきなり指摘されてます。
「青い閃光がその最初の合図だった。」

どうしてこの時真剣に事故処理能力を向上させなかったのでしょう。
危機管理を検討しなおさなかったのでしょう。
人間は時にとんでもないほど単純な間違いを犯すものだということを、なぜ学習しなかったのでしょうか。

Wikipedia: 東海村JCO臨界事故

TIME

白い化学防護服を着て交通規制をしている警官。
喉に線量計を当てられる男の子。
まるで福島の写真のようですが、自動車は水戸ナンバーです。

最後に崩落した原子力建屋の白黒写真があります。
これも福島のように見えますが、チェルノブイリの写真です。

人間という生き物が愚かだということではないでしょう。
日本の電力事業が愚かな選択をしてきたということにすぎません。
でも、どうして止められなかったのか、引き返せなかったのか、とても悔しいです。

 朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

チーナカ豆

大塚まさじさんがFM COCOLOでやっている「MOONLIGHT MAGIC」をアップしたよというツイートが流れていた。
まさじさんがリツイートしているので、本人公認。
やったあ♪

『チーナカ豆』な日々

すごいサイトですねえ。
『チーナカ豆』というお店があるんですね。

チーナカ豆。
やっぱり『死霊』だなあ。
あの小説の中でもしかしたらいちばん好きな登場人物、あ、人間じゃないけど、それがチーナカ豆です。

「いいかな、サッカよ」と、釈迦を延々と弾劾し続ける、ちっぽけな豆。
妙に印象に残ってます。

死霊(1) (講談社文芸文庫)


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

マイ・バック・ページ #2

これもすっかり忘れていたのですが、ポイントがあったのでなんとなく買ったCDが届きました。
「真心ブラザーズ+奥田民生」の「My Back Pages」。
わざと古びたような汚れが印刷してあります。

やはり元詞の英語で歌ったところより、真心の日本語バージョンの方が、ずっと良いと思います。
カップリングが「絵」という曲。

おまけDVDは「My Back Pages」の映像と、映画『マイ・バック・ページ』の予告編です。
映画の公式サイトにある予告編と同じだよな。

映画『マイ・バック・ページ』オフィシャルサイト

映画予告編の最初の方に、どかどかっと朝日ジャーナルが映し出される。
ごていねいにも、あの回収事件の1971年3月19日号。
思わず引っ張り出してきてしまいました。

赤衛軍事件

Wikipedia : 朝霞自衛官殺害事件

幻泉館日録:マイ・バック・ページ

幻泉館日録:朝日ジャーナル 1971年3月19日号

 My Back Pages

 マイ・バック・ページ – ある60年代の物語


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

ミツバチの羽音と地球の回転 沼津上映会

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の沼津上映会を行ないます。
教育委員会の後援もいただきました。
ぜひぜひおいでください。

ミツバチの羽音と地球の回転 沼津上映会

ミツバチの羽音と地球の回転 沼津上映会

——————————————————————————————-
日常を失って、作物を捨て、ヒバクして、
     ギセイになる

  雨が降って、風が吹いて、
     ヒガイ者になる

 無関心に使い、必要以上に求めて、
     カガイ者になる

  「今」の責任はみんなにある
 「これから」の希望もみんなにある
——————————————————————————————-

『ミツバチの羽音と地球の回転』公式サイト

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』予告編

祝島 島民の会


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

Live in Chicago/Neil Young #2

Live in Chicago/Neil Young

DVDだけ先に届きました。
別のところで注文したんでね。
今回は両方ともdiskunionで注文すれば良かったわ。

幸いリージョンフリーでした。
うちのどのプレイヤーでも再生できます♪

画質はあまり良くありません。
しかし、二十年近く前のとっつぁんのアコースティック弾き語りライブ、とても良いです。
あ、五郎さんが使ってるような六弦バンジョーも出てきます。

Live in Chicago/Neil Young DVD
Chicago, Illinois, November 17, 1992

1. Long May You Run
2. From Hank To Hendrix
3. Unknown Legend
4. Love Is A Rose
5. Pocahontas
6. Like A Hurricane
7. War Of Man
8. The Needle And The Damage Done
9. Tonight’s The Night
10. One Of These Days
11. Such A Woman
12. Harvest Moon
13. Dreamin’ Man
14. Natural Beauty
15. Don’t Let It Bring You Down
16. Mr. Soul
17. Powderfinger
18. Sugar Mountain
19. You And Me
20. After The Gold Rush

Live in Chicago/Neil Young

Live in Chicago [DVD]

http://diskunion.net/

http://www.neilyoung.com/


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー