きのうの思い出に別れをつげるんだもの




ショップのポイントは早く使ってしまおう。
ということで注文したのが、大塚まさじさんのベスト盤。
前から気になってたんだけどね。
2枚組みのそれぞれ最後に入っているのが新録音(といっても2001年)の「プカプカ」と「男らしいってわかるかい」。
レコード盤に針を落として、と言いたいところだが。
わりとまともな音で鳴ってくれるステレオのCDプレイヤーにCDをセットして再生を始めると、まず1曲目で懐かしい世界が広がった。
「サーカスにはピエロが」
         作詞作曲:象狂象
 ♪ サーカスにはピエロが
 ♪ つきものなのさ
 ♪ だっていつもいつも君が
 ♪ 笑っているとは限らないもの
ディランIIのアルバム『きのうの思い出に別れをつげるんだもの』を買ったのは70年代も終わりに近づいたころ、中古でやっと手に入れたのだ。
だからこのアルバムが出た当初は雑誌で楽譜を見かけても、実際に聞いたことはなかった。
楽譜を見ながらギターを弾き語りするのだが、どうも「サーカスにはピエロが」はうまく歌えない。
どう歌えばいいのか、しばらくの間はまったくわからなかった。
雑音の多いラジオでまさじさんの歌が聞こえてきた時は、本当に嬉しかった。
 →幻泉館日録:♪満鉄の金ポタンのパカヤロウ♪
西岡恭蔵さんの曲を大塚まさじさんが歌う。
これが本当に良かったなあ。
別れの季節になると、聴きたくなる、歌いたくなる曲です。
 ♪ サーカスにはピエロが
 ♪ つきものなのさ
 ♪ だって昨日の思い出に
 ♪ 別れをつげるんだもの
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

昼の月・夜の魚

昼の月・夜の魚

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミディ
  • 発売日: 2002/01/17
  • メディア: CD


きのうの思い出に別れをつげるんだもの

きのうの思い出に別れをつげるんだもの

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: avex io
  • 発売日: 2002/10/09
  • メディア: CD

夢破れてマンガあり

本当のことを言えば、三十年ほど前、まだ若者だった私も自分の未来を信じてはいなかった。
一週間以上先のことは考えられなかった。
これからどうなるんだろう。
漠とした不安に捕われるのが恐くて、ただ目の前の忙しさに逃げようとしていたのかもしれない。
もっと不条理に。
わずかな狂気を武器に、つまらない現実や誤解を笑いとばしてしまえ。
双葉社ひさいち文庫の新刊、『だからどーした劇場』。
シニカルなのに、不思議にあたたかい。
バイトくんは、どう見てもオレだった。
 →幻泉館日録:いしいひさいち『バイトくん』(1977年)

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

だからどーした劇場 (双葉文庫 い 17-40 ひさいち文庫)

だからどーした劇場 (双葉文庫 い 17-40 ひさいち文庫)

  • 作者: いしい ひさいち
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 文庫


バイトくん 8 (8) (双葉文庫 い 17-39 ひさいち文庫)

バイトくん 8 (8) (双葉文庫 い 17-39 ひさいち文庫)

  • 作者: いしい ひさいち
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 文庫

パンク歌謡曲




オフノートの神谷さんからときどきDMをいただく。
今回はタイトルに「パンク歌謡曲」などとある。
「?」
これが鈴木翁二さんのライブなのである。
これは一度行ってみたい。
でも、今回は行けない。
残念である。
————————————————–
青森★2月26日(木)19時~
「稲穂」
山形★2月28日(土)19時~
「JAZZ喫茶 らぐたいむ」
新潟★3月1日(日)18時~
「絵屋」
東京★3月3日(火)19時~
アートアニメーションの小さな学校/地下劇場
————————————————–
 →幻泉館日録:鈴木翁二「オートバイ少女」(1973年)
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

オートバイ少女

オートバイ少女

  • 作者: 鈴木 翁二
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


うみのきらきら―鈴木翁二最初期マンガ集

うみのきらきら―鈴木翁二最初期マンガ集

  • 作者: 鈴木 翁二
  • 出版社/メーカー: 青林工芸舎
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: コミック


こくう物語

こくう物語

  • 作者: 鈴木 翁二
  • 出版社/メーカー: 青林工芸舎
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: コミック


透明通信 オンデマンド版 [コミック]

透明通信 オンデマンド版 [コミック]

  • 作者: 鈴木 翁二
  • 出版社/メーカー: 青林堂
  • 発売日: 2005/02/21
  • メディア: オンデマンド

風は歌う

hayashi2006.jpg
林亭の新譜が出るそうだ。
1973年の自主制作アルバムから数えると、なんと36年ぶり。
diskunionでは、オリジナル特典が付いているそうです。
おまけに弱いワタシ……。
————————————————-
ディスクユニオンオリジナル特典
ディスクユニオン・オリジナル特典として林亭のファースト・アルバム以前、『ユマニテ』と名のっていた高校生時代の極初期音源を収録したCD-Rを先着にてさしあげます。
————————————————-
 →diskunion: 林亭 / 風は歌う
林亭 / 風は歌う
1. 風の歌を聞こう 詞:大江田信 曲:佐久間順平
2. キミの悲しみ 詞:佐久間順平 曲:佐久間順平
3. たんぽぽのお酒 詞:藤本和子 曲:佐藤GWAN博
4. 鉱夫の祈り 詞:高田渡 曲:高田渡
5. 値上げ 詞:有馬敲 曲:高田渡
6. わたしが一番きれいだったとき 詩:茨木のり子 曲: 大江田信
7. 世界は日の出を待っている 詞:Eugene Lockhart 曲:Ernest Seitz
8. 接吻 詩:谷川俊太郎 曲:大江田信
9. 夜行列車のブルース 詞:林ヒロシ 曲: 林ヒロシ
10. 風 詞:朝倉勇 曲:イギリス民謡
11. 遠い道 詞:佐久間順平 曲:佐久間順平




 →幻泉館日録:夜だから
 →幻泉館日録:林亭「わたしが一番きれいだったとき」(1973年)
 →幻泉館日録:最初の花
 →幻泉館日録:さるまたの唄
 →幻泉館日録:酒飲みの唄
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

夜だから

夜だから

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミディ
  • 発売日: 1992/08/01
  • メディア: CD


春一番ライヴ 74

春一番ライヴ 74

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ベルウッドレコード
  • 発売日: 2004/04/28
  • メディア: CD


1974 HOBO'S CONCERTS II~大きな青空が胸に~

1974 HOBO’S CONCERTS II~大きな青空が胸に~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ディウ
  • 発売日: 2007/08/24
  • メディア: CD

祝春一番2009 #3

祝春一番の公式サイトで、出演者が発表されました。
たぶん初日は開場時刻に間に合わないので、アーリー・タイムス・ストリングス・バンドと林亭は見れないかもしれません。
まだわからないけどね。
お、林亭の公式サイトができてる。
 →林亭オフィシャルサイト
 →Early Times Strings Band’s Home
 →祝春一番2009
—————————–
●5月3日(日) 11時 開場開演
アーリータイムズストリングスバンド
安宅浩司
有山じゅんじ
いとうたかお
エルキュール上野・アフターアワーズSHOW
遠藤ミチロウ
大塚まさじ
小谷美紗子
かんたろう (一人芝居)
光玄
ZOUND SYSTEM
C→RAG兄貴
ながいよう
林亭
ふちがみとふなと
松田ARI幸一
モーガンズバー
ヤスムロコウイチ
良元優作
           …and more!
●5月4日(月) 11時 開場開演 
暁照夫コンチキSHOW
長田TACO和承 (naarak)
栄篤志
第8旅団
俵越山 (書動)
豊田勇造
中川イサト
中川五郎
NIMA (dance)
5th Elements Will (金子マリ)
ペーソス
宮武希
李知承
リクオ
リトルキヨシトミニマム!gnk!
lost in time
            …and more!
●5月5日(火) 11時 開場開演
石田長生
沢知恵 (一曲)
渋谷毅オーケストラ
清水芸人 (綱渡り)
チチ松村
はじめにきよし
藤井裕
宮里ひろし
三宅伸治BAND
山中一平&河内オンドリャーズ
LO-LOWS
和気優
春一BLUES☆SPECIAL JOINT☆
(島田和夫、天野SHO、田中晴之、
シバ、入道、Rei、井山あきのり)
             …and more!
●5月6日(水) 11時 開場開演 
AZUMI
稲葉浩
小川美潮・ウズマキマズウ
押尾コータロー
加川良
ぐぶつ
坂田明オーケストラ
桜川唯丸一座
DEEP COUNT
ハンバートハンバート
ヘンリー松山
マーガレットズロース
Magic ANIMALS
夕凪 
            …and more!
—————————–
2009年5月

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

鳩よ!

White Dove
またまた買ってきました。
ピースマークのアイロンワッペン。
でも、今回のメインは鳩なんです。
黒いピックガードの隅に貼ると映えるかしらと思って。
白い鳩のシールは平和の象徴というより、結婚式用グッズみたいな扱いでした。
そういうものなんだ。

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

オーセンティック

THE GUITAR STYLES OF NEIL YOUNG
前から気になっていた本を手に入れた。
輸入ものの楽譜集。
このごろはニール・ヤングの楽譜集って、売ってないんだよな。
似たようなものは持っているのだけど、ちょっと気になっていて、ついでの際に買いました。
“THE GUITAR STYLES OF NEIL YOUNG”
結局タブ譜は読みにくいのであった。
これで類似本が3冊になりました。

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

The Guitar Styles of Neil Young

The Guitar Styles of Neil Young

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros Pubns
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: ペーパーバック


Greatest Hits: Authentic Guitar-tab (Authentic Guitar-Tab)

Greatest Hits: Authentic Guitar-tab (Authentic Guitar-Tab)

  • 作者: Neil Young
  • 出版社/メーカー: Warner Bros Pubns
  • 発売日: 2005/04/22
  • メディア: ペーパーバック


Neil Young (Guitar Anthology Series)

Neil Young (Guitar Anthology Series)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros Pubns
  • 発売日: 1996/12/23
  • メディア: ペーパーバック

オハイオ




さて、和幸の2ndアルバム『ひっぴいえんど』。
おまけのDVDで、ご本人たちがいろいろ説明してくれています。
あの時代のアメリカンロックへのリスペクト。
なるほど。
タイトルは「はっぴいえんど」から採っていて、入り口ははっぴいえんどですが、内容はCSN&Yへのリスペクトが多いです。
遠藤賢司さんの「カレーライス」は、オープンDチューニングをやりたかったから。
ということで、CSN&Yみたいな「カレーライス」です。
思わずにやりとするような曲名の中でこれは何が元なのかと思っていたのが「OHAYO」。
聴けばすぐにわかりますが、これはニール・ヤングの「OHIO」なんですな。
あの6弦バンジョーまで使ってます。
途中から「Deja Vu」になります。
そういえば、ジャケット写真もCSN&Yの「Deja Vu」ですね。
 →Dailymotion: Neil Young – Ohio – Live Amsterdam 10.12.1989.dkly`

 →YouTube: Crosby, Stills & Nash “Ohio”
 ♪ Tin soldiers and Nixon’s comin’
 ♪ We’re finally on our own
 ♪ This summer I hear the drummin’
 ♪ Four dead in Ohio
1970年5月4日、オハイオ州ケント大学の構内で開催されたベトナム反戦集会で、警備に当たっていた州兵が四人の学生を射殺した。
その翌月には、もうこの曲のシングル盤が発売されたというのだからすごい。
しかも、ニクソン大統領を名指しで批判している。
ニール・ヤングとっつぁんがブッシュを罵るのもすごかったけれど、若い頃からすさまじかったんですなあ。
70年代前半の日本のフォーク少年たちは、CSN&Yのギターやコーラスを真似したものです。
あれができるとかっこいい。
「オハイオ」は、確かに「オハヨー」に聞こえたわ。
でも、ガロがラジオに出てきてCSN&Yの完璧なコピーができるなどと言ってるのを聞いた時には、それは違うんじゃないかなと思ったものだ。

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

Déjà Vu

Déjà Vu

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wea
  • 発売日: 1994/09/27
  • メディア: CD


So Far

So Far

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 1994/09/27
  • メディア: CD

はっぴいえんど




岡林信康さんの復刻盤CDと、和幸の新しいアルバム『ひっぴいえんど』が届いた。
『岡林信康』は1976年に録音しなおしたベスト盤なのでバックははっぴいえんどではなくて、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、、鈴木慶一とムーンライダーズ、中川イサトさん、木村好夫さん。
『ひっぴいえんど』はタイトルからわかるとおり、「70年代ロック台頭期へのオマージュ」であり、はっぴいえんどの曲のパロディが多い。
「ひっぴいえんど」
「タイからパクチ」
「ナスなんです」
「あたし元気になれ」
「池にゃ鯉」
「花街ロマン」
もちろん岡林さんの「自由への長い旅」も、はっぴいえんどの音が聞こえてきそいうだ。
しかし、モヤモヤしている。
鈴木茂さんの逮捕で、はっぴいえんどのアルバムが出荷停止になったんだそうな。
 →はっぴいえんど:名盤「風街ろまん」出荷・販売停止 鈴木茂容疑者の逮捕で
なんだか納得できないなあ。
販売停止の意味がわからない。
金儲けだけには熱心で、もう新しいものを生み出せないでいる音楽産業が、どうして古いものを大切にしないの。
厄介な事態を避けたくて、自粛してみせたというところか。
いわゆる放送禁止歌と似た印象を受ける。
鈴木茂さんの逮捕に関しても、やっぱり不思議だ。
点数かせぎにやたらに職務質問を繰り返しているからなのか、内偵があって狙われていたのか。
警官がいつでもすぐに身体検査や車内検査をするのは、当然なのか?
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

はっぴいえん

はっぴいえん

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: CD


風街ろまん

風街ろまん

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: CD


HAPPY END

HAPPY END

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2000/02/04
  • メディア: CD