ステルスプラグ




物欲があるうちは大丈夫かなと思います。
ネットの楽器屋さんを覗いていて気になったのがこれ。
ギターやベースをUSBケーブルで直接PCに繋ぐものです。
もちろんソフトが付いてなければ意味がありません。
私は自宅四畳半ミュージシャンの夜泣き爺なので、かなり便利なものではあるまいかと。
 →IK Multimedia: StealthPlug
おっと、StealthPedalというのも出たのか。
おもしろいなあ。
 →Staff Blog! : StealthPlug…じゃなくStealth…?
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

日本文学史序説 #3

ネット上で掲示板やブログに嫌がらせのコメントを付けては憂さを晴らすという、寂しい生活を送っている連中がいる。
逆恨みの人生、かわいそうに。
もっとも、仕事でそういうコメントを付けて回っている奴もいるようだ。
凶器になるほどのたいした言葉でもないので、そんなものに脅えて口をつぐんではいけませんぞ。
まったく力のないコメントなので、放っておけば勝手に死んでしまいます。
メモ その3
ちくま学芸文庫版 p.19
———————————————
 第一に、日本語の文は、その話手と聞手との関係が決定する具体的な状況と、密接に関係しているということ。
———————————————
ちくま学芸文庫版 p.20
———————————————
またおそらく文の構造が特殊な状況に超越しない言語上の習慣は、価値が状況に超越しない文化的傾向とも、照応している。たとえば酒の上の言葉は、水に流すことができる。その場合の酒は、特定の生理、心理的作用を及ぼす毒物ではなくて、社会的状況の特殊性の象徴である。過去もまた水に流すことができる。今日の状況はもはや過去の状況ではないからである。
———————————————
———————————————
 第二、日本語の語順が、修飾句を名詞のまえにおき、動詞(とその否定の語)を最後におくということ。すなわち日本語の文は部分からはじまって、全体に及ぶので、その逆ではない。そういう構造は、大きくみて、中国語や西洋語と正反対であり、しかもたとえば中国大陸の影響を脱して作られた日本の大建築の構造にも反映しているのである。
———————————————
ちくま学芸文庫版 p.21
———————————————
……語順の特徴は、空間への日本式接近法にもあらわれている、といえるだろう。またたとえば丸山真男氏も指摘したように、日本の神話にあらわれた時間は、始めもなく終りもないものである。そこでは現在が、始めあり終りある歴史的な時間の全体の構造のなかに、位置づけられるのではなく、現在(部分)のかぎりない継起が、自ら時間の全体となる。歴史的時間の全体の構造というものはない。
———————————————

 

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

今夜はカキ色の月が

ちょっとのつもりでYouTubeを覗くと、後が大変だ。
なぎら健壱+どんとで「虱の旅」を見た後、同じ人がアップした映像をハシゴしてしまう。
有山じゅんじ+honzi「今夜はカキ色の月が」
 ♪ 今夜は久しぶりに
 ♪ カキ色の月が出て
 ♪ うかぶビルの陰も
 ♪ やさしい眠りにつく
 →YouTube: カキ色
今夜はカキ色の月が
どんとに続いてhonziだ。
やっぱり意識してアップしたんだろうな。
honziの格好が、初めての春一番で見た2004年の時に似ている。
あの頃なんだろう。
 →幻泉館日録:サルビアの花
 →幻泉館日録:透き通っている音楽
 →幻泉館日録:いつか
 →幻泉館日録:春一番 第1日

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

ありのままじゅんじ

ありのままじゅんじ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UK.PROJECT
  • 発売日: 2005/02/16
  • メディア: CD

虱の旅

御影暢雄さんのコメントで思い出した。
私は何度か失業者になったことがある。
先のことなどまったく決まらないまま人混みでぼんやり人の流れを眺めて。
そして浮かんでくるのは、今は亡き我が心の師匠、高田渡大人の歌だった。
なぜか「生活の柄」よりも、「虱の旅」が多かった。
 →YouTube: しらみの旅
sirami
どんとが歌っていたとは知りませんでした。

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

ファーストアルバム ごあいさつ(紙ジャケット仕様)

ファーストアルバム ごあいさつ(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ディウレコード
  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: CD

君よ たびゆく君よ

 ♪ 君よ たびゆく君よ
 ♪ 君の夢よ たびゆく君よ
 ♪ そう 人生はさよならで
 ♪ そうして君は 君となる
 ♪ 子供には こう云ってあげよう
 ♪ 大人の地獄は 長いものだった
 ♪ 君の人生の夢の
 ♪ どこかを一緒に 分かちあえればいい
 ♪ 理由を訊いてはいけない
 ♪ 聞けば泣いてしまうだろう
 ♪ ただじっと見つめていよう
 ♪ 愛されていることがわかるだろう
大晦日から元旦にかけてだったろうか、イルコモンズさんのところで田中亜矢さんが歌う「ティーチ・ユア・チルドレン」を聴いて、ふちがみさんの訳がいいなと思った。
なかなかこうは訳せない。
ほろっと来た。
ふちがみさん学校の先生をしていたことがあるそうなので、「子供」と言う時はその経験が反映されているのかもしれない。
 ♪ You, who are on the road,
 ♪ Must have a code that you can live by.
 ♪ And so, become yourself,
 ♪ Because the past is just a good bye.
 ♪ Teach your children well,
 ♪ Their father’s hell did slowly go by.
 ♪ And feed them on your dreams,
 ♪ The one they picks, the one you’ll know by.
 ♪ Don’t you ever ask them why, if they told you, you will cry,
 ♪ So just look at them and sigh and know they love you.
 →イルコモンズのふた。:▼ティーチ・アワー・チルドレン
 →イルコモンズのふた。:▼ティーチ・オール・チルドレン
実は田中さんが歌っているこのCDは持っているのだ。
思い出して発掘した。
 →off note – blog : 瓶のなかの球体/フォーク パルチザン
この曲を知ったのは中学生の時。
そう、映画『小さな恋のメロディ』のエンディングで流れていたからだ。
 →幻泉館日録:『小さな恋のメロディ』(1971年)
 →幻泉館日録:さようなら、トム
どこまでも、どこまでも、トロッコが走っていく。
そんな危険なおとぎ話に、この曲はよく合っていた。
大人になってもうずいぶん経つ。
オリジナルとは少し違うけれど、それだけにふちがみさんの訳詞が胸に沁みる。
映画で聴いた時とは、まったく違う感慨だ。
そうか、CSN&Yのレコード、『Deja Vu』を買ったのも、この曲が入っていたからなんだろう。
 →Crosby Stills & Nash – Teach Your Children

 ♪ 君よ 幼い君よ
 ♪ 大人の恐れを 知らない君よ
 ♪ その力を貸してやってほしい
 ♪ 死ぬまで真実をもとめる大人に
 ♪ 大人には こう云ってあげよう
 ♪ 子供の地獄は この先長い
 ♪ 君の人生の夢の
 ♪ どこかを一緒に 分かちあえればいい
 ♪ 理由を訊いてはいけない
 ♪ 聞けば泣いてしまうだろう
 ♪ ただじっと見つめていよう
 ♪ 愛されていることがわかるだろう
 ♪ And you, of tender years,
 ♪ Can’t know the fears that your elders grew by.
 ♪ And so please help them with your youth,
 ♪ They seek the truth before they can die.
 ♪ Teach your parents well,
 ♪ Their children’s hell will slowly go by.
 ♪ And feed them on your dreams,
 ♪ The one they picks, the one you’ll know by.
 ♪ Don’t you ever ask them why, if they told you, you will cry,
 ♪ So just look at them and sigh and know they love you…….

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

小さな恋のメロディ [DVD]

小さな恋のメロディ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


デジャ・ヴ

デジャ・ヴ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Music Japan =music=
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: CD


Deja Vu Live

Deja Vu Live

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Reprise/Wea
  • 発売日: 2008/07/22
  • メディア: CD


Deja Vu (Ws Sub Ac3 Dol) [DVD] [Import]

Deja Vu (Ws Sub Ac3 Dol) [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Lions Gate
  • メディア: DVD

3分で分かる チェ・ゲバラ

3分で分かる チェ・ゲバラ
本屋さんに行ったら、ゲバラのコーナーができていました。
平積みになっていたチラシのタイトルがおもしろかったので、もらってきました。
「3分で分かる チェ・ゲバラ」
やっぱり3分では無理だと思う。
映画見て本読んだら、何時間かかるのかな。
3分で分かる チェ・ゲバラ

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

浄化の風景 #5

浄化の風景 2004年
そういえば、と思い出した。
弁護士、元衆議院議員(6期)、元国家公安委員長という白川勝彦さんが、職務質問に遭った時のことをサイトに書いている。
 →白川勝彦web 政治理念:忍び寄る警察国家の影
 →リベラリスト 白川勝彦の 永田町徒然草:またまた職務質問に!
白川さんのような人でさえこんな目に遭うのだから、もっと弱い立場の者が適当な職質に遭ったら、ひとたまりもない。
ちょっとでも抵抗したら、それで公務執行妨害。
いわゆる転び公妨で逮捕される。
運が悪ければ、誰でもあっという間に犯罪者に仕立て上げられて、下手をすると死刑にまでなってしまうのだ。
裁判員制度、このままではやばいだろ。
浄化の風景 2006年
 →幻泉館日録:奴らを高く吊るせ!
 →幻泉館日録:オスカー・グラント
 →幻泉館日録:秋葉原でまた!
 →幻泉館日録:浄化の風景
 
 →幻泉館日録:浄化の風景 #2
 
 →幻泉館日録:浄化の風景 #3
 
 →幻泉館日録:浄化の風景 #4
 
 →幻泉館日録:追放の歌
 
 →幻泉館日録:黒いカバン
 
 →幻泉館日録:もしもあの世に行けたなら(1970年)

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

最期の12日間

夜中にNHK BS2でやっていたのが、『ヒトラー ~最期の12日間~』。
ドイツの一番長い日とも呼ぶべき映画だが、制作には相当苦労したようだ。
ドイツ・オーストリア・イタリア共同制作。
ブッシュだったら悪の枢軸と呼ぶのかしら。
ゲッベルスの子供たちが毒殺されていくところが、静かなクライマックスのようだった。
最後に、ヒトラー自決の日から50年近く経ったインタビュー映像が挿入される。
ヒトラーの秘書トラウデル・ユンゲ、晩年の映像である。
 →DOWNFALL – The Official Website
 →YouTube: Downfall trailer

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日活
  • メディア: DVD


ヒトラー 最期の12日間

ヒトラー 最期の12日間

  • 作者: ヨアヒム・フェスト
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2005/06/21
  • メディア: 単行本


私はヒトラーの秘書だった

私はヒトラーの秘書だった

  • 作者: トラウデル・ユンゲ
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2004/01/25
  • メディア: 単行本

奴らを高く吊るせ!

英語の「hang」という言葉は、普通に「吊るす」「掛ける」という意味で用いる時は不規則動詞で、「hang – hung – hung」と変化する。
ところが、「絞首刑にする」という意味の場合は規則変化「hang – hanged – hanged」となる。
日本国の死刑は、絞首刑である。
週刊金曜日 2009年1月23日号
裁判員候補者に選ばれたことを口外すると、罰せられるそうだ。
では、選ばれないことを口外してもよろしいのか。
裁判員の守秘義務は終身のものだという。
それでは、ある裁判員の経験が以後の裁判員に生かされることは、けっしてないということになる。
後で自分の判断が間違っていたことに気づいた場合、その苦悩を一人で一生抱え込まなければならない。
 →幻泉館日録:追放の歌
————————————————–
悪い夢を見た。
中野駅の北口を出たロータリー。
こんなに人が少なかっただろうか。
見るからに怪しい風体の俺は、屈強な二人の警官から職務質問を受ける。
カメラを手にした俺は腕をつかまれ、壁に押しつけられる。
大きな警官二人の陰になり、通行人からは俺の姿が見えなくなる。
胸の識別章には「EF」と書かれている。
第二自動車警ら隊だ。
「身体に触れるな!」
「抵抗して逃げようとしたじゃないか」
別に逃げようとなどしていない。
何もしなくても、いきなり職務執行妨害とされる。
万事がこの調子で、俺はあっという間に凶悪犯人に仕立て上げられる。
俺の名前の前には「鬼畜」という修飾語が付けられ、死刑嘆願運動が盛り上がる。
何もやってないんだから、大丈夫だろう。
きっと真実が明らかになる。
それが、ならない。
ほんの数日で数十万の署名が集まる。
「鬼畜を死刑に!」
「鬼畜を死刑に!」
警察発表を垂れ流すマスコミのおかげで、俺の言葉など誰も本気で聞いてはくれなくなっている。
 ♪ 俺の背中にこだまする
 ♪ 人々のあの歌が
 ♪ 喜びの歌じゃない追放のあの歌
 ♪ きのうは俺もいっしょに歌ってた
————————————————–
 →幻泉館日録:殺スナカレ、殺サセルナカレ
 →幻泉館日録:人を殺せと教えたか



奴らを高く吊るせ! [DVD]

9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー