焼肉食べた

珍しく焼肉屋さんに出かける。
ファミリーレストランみたいなお店。
まあすごい混雑ですわ。
お店のお姉さんが大活躍だけど、人手が足りなくないか?
焼肉
えっと、タン、ロース、カルビ、ミノ、レバー、豚トロ……忘れた。
食った食ったで、冷麺食べて、ソフトクリームなめてお開き。
私は車だったんで、ひたすら食べて終わりました。
ああ、鶴橋行きてぇ。
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

値上げ #2

自動車に乗って信号待ちで止まる。
この辺りで一番安いガソリンスタンドが、えらく混んでいる。
突然怒声が聞こえる。
何モタモタしてんだよと言ったのかな。
給油をしているお姉さんが、特にモタモタしているようには見えなかった。
あと数日で値上げをするのがわかっている。
国民の生活が混乱しているとするなら、「値下げ」の時ではなくて、この「値上げ」ではないだろうか。
 →I Love Sunset! > 2008 #9
千本浜 2008年4月28日
今日あきれた、オークション出品。
 →◆映画『タカダワタル的ゼロ』チラシ10枚★高田渡&柄本明
10枚で250円からスタート。
売るつもりで貰ってきたんでしょうかねえ。
あ?
いろいろなプレスシートも売ってる。
ギョーカイ人のはしくれさんでしょうか。
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

パッチギの夜

口に出して言ってしまった言葉。
どうしても言えなかった言葉。
何十年も経って今さらそれを取り消すことも、伝えることもできない。
生き残った者は、せめてもの思いを込めて、事実を正確に語っておかなくてはならない。
なかったことにされてしまっては、口惜しいではないか。
2008年4月27日
日曜(4月27日)の夜はNHK教育テレビで「ETV特集」。
 →悲劇の島チェジュ(済州)?「4・3事件」在日コリアンの記憶
映画『パッチギ!』をプロデュースした李鳳宇さんが、済州島を訪れる。
「4.8事件」。
60年前、大韓民国成立前夜に起きた、住民虐殺事件だ。
農民が竹槍で武装蜂起し、全島の山間部が焼き払われる。
「アカの島」で起きた「共産暴動」と烙印が押され、「4・3事件」はタブーとなる。
山に逃げ込んだ当事者の声が聞けたのには、驚いた。
その後、NHK総合テレビで、姜尚中さんの少年時代の話を観た。
 →NHK わたしが子どもだったころ これまでの放送
新聞の番組表に書いてあったように「初恋」を語っているのだが、在日2世「永野鉄男」君の生活が、再現ドラマのように挟まれる。
テレビンユニオンの岸善幸ディレクターが描くその映像が、まるで映画のようにしっかりと作られている。
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー
済州島現代史―公共圏の死滅と再生
パッチギ! (特別価格版)
パッチギ! LOVE&PEACE スタンダード・エディション
清河(チョンハー)への道

肉球

chappi-chappiさんのところで『逢いたくなっちゃだめ』という本が紹介されていました。
 →chappi-chappiのとんぴん日記:逢いたくなっちゃだめ
これで思い出しました。
この前本屋さんで見かけて、ついつい立ち読みした本です。
ねこの肉球 完全版
ぷにぷに。
ふにふに。
肉球関連商品、いろいろあるようですね。

ちなみにこれは、2004年のヒナの肉球。
猫の手
 →幻泉館日録:ADLIB 1973年秋
 →幻泉館日録:70年代フォークとガロ
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

すべての人の心に花を

志村けんさんが歌う(?)「変なおじさん」の元歌が「ハイサイおじさん」だとわかる人は、もう少ないのだろうか。
のどかな県に帰ってきてがっかりしたのは、FM放送がつまらないなと思ったことだ。
夕方運転しながらラジオを聴いていたら、「ヨシナマサヨシとチャンプルーズ」と言ったので驚いた。
そりゃ、「キナショウキチ(喜納昌吉)」だろうが。
目の前が真っ暗になった。
すべての人の心に花を
90年代に入っていただろうか、中古のシングルCDで何枚か「花?すべての人の心に花を?」を揃えた。
今発掘して出てきたのは4枚。
本当はもっとあったはずだなあ。
りりィさんが歌ったのはどこに行っちゃったんだろう。
まずは喜納昌吉&チャンプルーズのもの。
これはアルバム『BLOOD LINE』に入っていたオリジナルで、ライ・クーダー、チト河内さん、久保田麻琴さんが参加している。
この時はまだ「花」というタイトルではない。
「すべての人の心に花を」というタイトルだ。
「喜納昌吉」名義のものもある。
こちらは矢野誠さん編曲で、単に「花」というタイトル。
それから惣領智子さんの「花」と、おおたか静流さんの「花(すべての人の心に花を)」。
おおたかさんの歌がAXIAのCMで使われて、ヒットしたのではなかったか。
おお、YouTubeにアップされてますわ。
 →YouTube: AXIA cassette tape CM – music by Shizuru Ohtaka

この歌は復活フォークルも歌っていたし、美輪明宏さんや松平健さんも歌っている。
60ヶ国以上でカバーされたそうだ。
それだけの力がある曲なのだろう。
BlogPet Blood Line
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

愛のメモリー

愛用のiPod SHUFFLEも春一番仕様に。
といっても、今までエンコードしておいた曲を入れ替えるだけのことで、代わり映えはしないのだけれど。
まず、ボブ・ディラン、ニール・ヤング、ジャクソン・ブラウンの御三家は外せない。
あんまり春一番とは関係ないですな。
まあ、ディランの子供たちみたいなものなので。
ついでにザ・バンド。
ディランは3枚組みのベスト盤と、”Desire”ね。
ザ・バンドもベスト盤。
ニール・ヤングは、”Harvest”と”The Prairie Wind”と”Living With War”。
ジャクソン・ブラウンは1stと、”Runing On Empty”。
ここから先が、和モノ。
加川良withすぎの暢で『ユーズド2』『ユーズド・エンド』。
高田渡『BEST LIVE』。
上田正樹と有山淳司『ぼちぼちいこか』。
石田長生『Juke Box』。
大塚まさじ『Osaka Live』。
中川イサトと武蔵野レビュー『あの日の風』。
最後に友部正人の2枚組みライブ『はじめぼくはひとりだった』。
ipod0804.jpg
これで1GBをほぼ使いきる。
しかしまあ、今のiPodは1GBで5800円ですか。
2GBでも7800円。
しかもあの小ささ。
すごいものですな。
Apple iPod shuffle 2GB
もっと驚いたのは、あのSDメモリー。
2GBで千円ぐらいになっちゃってますな。
デジカメのデータ保存用に、何枚か買っておいてもよさそう。
Transcend 2GB SDカード
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

流行り唄五十年

流行り唄五十年
本屋さんで見かけた、朝日新書の新刊。
新刊といっっても、1955年(昭和30年)発行の本を復刻したもの。
新書で復刻は珍しい。
その昔、「朝日文化手帖」という、新書のシリーズが出ていたのですね。
 →週刊誌記者の日記:激レア!? その昔の「朝日新書」発掘
この復刻版には、小沢昭一さんの解説と「唄」が付いています。
つまり、以前シングルCDとして作られていた8cmCDに、小沢さんが歌っている歌が入っています。
音源は『唸る、語る、歌う、小沢昭一的こころ』だそうです。
「小沢昭一が歌う唖蝉坊」
 #1 金金節
 #2 メドレー
   のんきな父さん(のんき節)?ああわからない
 #3 メドレー
   ラッパ節?どんどん節
高田渡さんやソウル・フラワー・モノノケ・サミットの歌とはメロディーや歌詞が違ったりするところが、またいいですなあ。
これはお買い得。
BlogPet 流行り唄五十年 唖蝉坊は歌う
9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー