ミスター・タンブリン・マン CHRONICLES #494

千本浜 2008年1月10日
ディランが”It’s Alright Ma (I’m Only Bleeding)”に続けて挙げている”Mr. Tambourine Man”なんですが、これがまたよくわかりません。
 →bobdylan.com: Mr. Tambourine Man
リーダーズ英和を引いてみると、おもしろいことが書いてあります。
———————————————-
 tambourine man
 n. 《俗》 麻薬の売人.
 [Bob Dylan の歌 ‘Mr. Tambourine Man’ から]
———————————————-
「Mr. Tambourine Man」はタンブリン奏者以外の何者でもないはずです。
少なくとも、ディランが歌うまでは。
 ♪ Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
 ♪ I’m not sleepy and there is no place I’m going to.
 ♪ Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
 ♪ In the jingle jangle morning I’ll come followin’ you.
 ♪ ねえ、ミスター・タンブリン・マン、ぼくのために一曲やっておくれ
 ♪ ぼくは眠くないし、行くあてもないんだ
 ♪ ねえ、ミスター・タンブリン・マン、ぼくのために一曲やっておくれ
 ♪ ジンジャカ鳴り響く朝の中、ぼくはあんたについていくよ
      (中川五郎訳「ミスター・タンブリン・マン」)
タンブリン(タンバリン)奏者に、「一曲やってくれ」と言うのも、なんだか変ですね。
音楽を聴きたいのではなくて、「ぼく」を踊らせてくれ、行動へ誘ってくれと頼んでいるのです。
 ♪ Take me on a trip upon your magic swirlin’ ship
 「あんたの魔法渦巻く船に乗っけてぼくを旅に連れ出しておくれ」
 ♪ Into my own parade, cast your dancing spell my way
 「自分自身のパレードの中へと、ぼくの行く手に踊りの魔法をかけておくれ」
 ♪ Then take me disappearin’ through the smoke rings of my mind
 「ぼくの心の中に浮かぶ煙の中へとぼくを消し去っておくれ」
なるほどなあ、出来合いのスラングを使ったのではなくて、ディランが作った歌によって、タンブリン奏者が麻薬の売人になってしまったわけです。
ただ、この歌に関しては、なんといってもまずThe Byrdsの演奏を思い浮かべてしまいますね。
あの12弦ギターの音が、時代の雰囲気を伝えているように感じます。
さて、”It’s Alright Ma (I’m Only Bleeding)”と”Mr. Tambourine Man”が並んでいるだけなら、そんなにひっかかることはなかったのです。
なぜディランは、その後に”Lonesome Death of Hattie Carroll”を続けたのでしょうか。
言葉の象徴的用法が、違うように思うのですが。
BlogPet Mr. Tambourine Man
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

高田渡祭り

CS歌謡ポップスチャンネルのオフィシャルブログによれば、「高田渡生誕会59」の放映が決定したそうです。
わ?をぅ♪
 →高田渡 生誕祭
4月は高田渡祭りだそうで、前回(2007年3月)私が見逃した「春一番’74+最後の春一番’79」も、同じ4月に放映。
やれ、嬉しいな、嬉しいな♪
しかし、どうして「高田渡 生誕祭」になっとるんじゃ。
まさか、あのヤフオクのバッジ出品者って……。
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

生誕祭

少し前、ヤフオクに高田渡生誕会のバッジが出品されていた。
あれれ?
誰が?
なぜ?
高田渡生誕会59
で、開始価格が300円、終了価格は830円であった。
入札履歴が13あるので、一応競ったということか。
ビミョー。
「生誕祭」とか書いてあるあたりもビミョー。
 →Yahoo!オークション:高田渡 生誕祭59 記念カンバッチ
開始日時:1月 22日 0時 16分
終了日時:1月 28日 17時 16分
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

MT 4.1

blogシステムのMovable Typeが新しくなっていたので、何も考えずにバージョンアップ。
ファイルをダウンロードして展開し、上書きコピー。
構成ファイル (mt-config.cgi) だけは今までのものを使って、再構築。
これでver.4.1にアップグレード完了。
 →Movable Type News: Movable Type 4.1 の出荷を開始
新機能を試している時間がないし、特にトラブルもなかったので、あまり感慨はない。
問題なく稼働しているだけで、実にありがたいことであるのだがね。
 →幻泉館日録
幻泉館本館blog Movable Type 4.1
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

芦屋

広辞苑第六版の書籍版は職場で買ったので、自分のものとしてDVD-ROM版を買った。
今まで買った広辞苑の中で一番活用したのが、ハードディスクにコピーした電子ブックの第五版だったからだ。
いつも開いているPCで広辞苑が引けるというのは、実に便利なのである。
これと、研究社のリーダーズ+プラスV2は欠かせない。
「ことといLight」にも興味があった。
どんなものなんだろう。
PCのDVDドライブにDVD-ROMを入れると、まず「ことといLight」をインストールすることになる。
ほいほい進めていくと、データをハードディスクにコピーするかどうか訊いてくる。
なるほど。
今はその方が普通の使い方なんだよな。
良かった。
ただ、データの量が3.2GBほどある。
第五版の電子ブックはシングルCDなので、200MB程度だった。
こんなに大きいのは、画像データや音声データがたくさん入っているからなのだろう。
早速「ことといLight」で検索してみると、画像は「提供:OPO」、音声は「提供:NHKサービスセンター」と表示される。
おお、書籍にはないデータだ。
こととい&DDwin
慣れているDDwinの方が使いやすいのだが、それは第五版の方に使い、しばらく「ことといLight」を試してみようと思う。
 →辞書サーバーシステム こととい
 →DDwinのページ
ところで、少し前に広辞苑の誤記が報道されていた。
「須磨」の項だったかなあと検索してみると、「芦屋」だった。
忘れないように、ここにメモしておこう。
 →神戸新聞:「広辞苑」誤記見落とし半世紀 芦屋の解説、実は須磨
初版から半世紀以上経って間違いが発見されるというのはすごい。
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー
広辞苑 第六版 DVD-ROM版

インソール

愛用している靴の中敷きが剥がれて、非常に気持悪い。
歩いているとだんだんずれてきて、ひどいときには丸まってしまう。
接着剤で貼り付けたりなんかしていいものなのか、わからない。
そこで、何か買ってきて入れることを思いついた。
靴屋さんに行ってみると、いろいろ売っていた。
どうもおやじの足の臭い取りが主な用途のようですな。
ばっちりサイズが決まってるのは値段が高いので、自分で切り抜くのを買った。
ドキドキ。
インソール
あ、バッチリ。
気持ちいいですわ。
BlogPet 9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

ライラのバラード

ずいぶんひさしぶりにパンタさんのステージを見て、「七月のムスターファ」の壮絶な歌詞に衝撃を受け、CD『オリーブの樹の下で』を買いました。
パンタさんと菊池琢巳さんのユニット「響」のアルバムです。
高田渡生誕会と同様、阿部美緒さんがバイオリンで参加してます。

PANTA?響/オリーブの樹の下で
#1 来歴
#2 独りぼっちの子守歌
#3 手紙
#4 母への花束
#5 Leila’s Ballade
#6 心の砦
#7 七月のムスターファ
#8 ライラのバラード
「母への花束」は重信メイさんの作詞、「七月のムスターファ」がパンタさんの作詞、他の曲はすべて重信房子さんの作詞です。
最後の「ライラのバラード」は、あのライラ・ハリッドさんのことを歌った曲。
英訳を重信メイさんが朗読しているのが、5曲目の「Leila’s Ballade」です。
 ♪ わたしは もうすぐ60才
 ♪ 証言のために 日本に来ました
 ♪ 自由の戦士マリアンは無罪と訴える為に
 ♪ あの時代はだれも 自由の戦士だった
  I am 60 now
  I came to Japan to testify
  That the freedom fighter Mariam is innocent
  In that era, everyone was a freedom fighter
ライラは重信裁判の弁護側証人として、証言していたんですね。
 →パレスチナに愛を!:♪ ライラのバラード
BlogPet 9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

高田渡、旅の記録。

 ♪ 偽装偽装と官民なびく
 ♪ 偽装居よいか儲かるか
さて、高田渡生誕会59の会場で『タカダワタル的ゼロ』のチラシをもらいました。
5月の公開が決まったんですね。
テアトル新宿と吉祥寺バウスシアター。
これなら行けるぞ。
うふふ。
 →タカダワタル的ゼロ
タカダワタル的ゼロ
おっと!
のみならず。
渡さんのニューアルバムが出るではありませんか。
 →アルタミラミュージック
———————————————-
 高田渡、旅の記録。
 未発表ライブ音源から編んだ
 NEW ALBUM 発売決定!
 
 2008年5月より
 CD二枚組 連続リリース!
———————————————-
これは二枚組みのアルバムがいくつか出るということですね。
すごいぞ。
楽しみ、楽しみ。
5月はいろいろ物入りになるぞ♪
BlogPet
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

高田渡生誕会・59 #5

休憩後、最後のセクションはair plantsが通しでバックを担当しました。
嘉多山信さん(ギター/マンドリン)+阿部美緒さん(バイオリン)+橋本歩さん(チェロ)の三人です。
 →阿部美緒
 →歩だが!
●air plants
 
#1 太陽の孤独
#2 帯広
#3 Scatterbrain
三曲目はなんだっけなあと思ったら、ジェフ・ベックの曲でした。
 →YouTume: Jeff Beck – Scatterbrain (North Sea Jazz 2006)
●中川五郎+air platns
 →中川五郎オフィシャルサイト
#1 Imagine
もちろんジョン・レノンの曲。
五郎さんは♪どんなだろう♪という名訳で歌ってくれました。
●リクオ+air plants
 →RIKUO OFFICIAL WEB SITE
#1 Oh My Love
 ♪ 愛しい人よ
 ジョン・レノンが続きました。
#2 生活の柄
 客席ではおなじみのコーラス(?)を付けたがっていたようですが、アレンジのため不可能に。
 ま、フォーク酒場じゃないんで。
●松田ARI幸一
 →ari@times
#1 靴が一足あったなら?おやすみアイリーン
#2 東京の屋根の下
 この2曲はアリちゃんのギター弾き語り。
 「東京の屋根の下」は灰田勝彦さんが歌った、服部良一メロディですね。
#3 ミケランジェロ
 渡さんが好きだった曲だと言って、ハーモニカで演奏してくれました。
●全員
#1 この世に住む家とてなく
 ♪ 帰る巣がないさすらうおいら
 ♪ 街から街へのその日暮し
 ♪ 心休まるところがないのさ
 ♪ この世に住み家がないからよ
 →I Ain’t Got No Home
一日目の出演者だったペケ(いとうたかお)さんや、大庭珍太さんもステージに上がっています。
高田渡生誕会 59
アンコールを要求する客席。
無理じゃないのかなあと思っていたら、風太さんが出てきました。
片付けがあるからダメよ。
一日目は10時までやったので、そのつもりで手を叩いていた人もいるのでしょう。
これで高田渡生誕会59は終わりです。
今回は二日間あるうちの二日目しか参加できなかったのが残念です。
友部正人さん、パスカルズ、佐久間順平さんの林亭やバーボン・ストリート・ブルース・バンド、ああ、小林政広さんや、いとうたかおさん、川下直広さんも出てたんだ。
観たかったなあ。
さあ、来年はいよいよ渡さんも還暦です。
あれ?
次回の世話役はどなたなんでしょうか?



「高田渡生誕会 59」をいくつかに分けて書きましたが、幻泉館日録@楽天の「フリーページ」と幻泉館本館blog(MovableType)にまとめました。
 →【高田渡生誕会 59】@楽天
 →【高田渡生誕会 59】
BlogPet 
9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー