アベ・カイゾウ

テレビで「アベカイゾウ内閣」と、何度も言っている。
あ、シンゾウさん、やっと辞めたのか。
良かった、良かった。
え、違うの?
辞めてないの?
ああ、いつまでも暑苦しいなあ。
人気取りのために目先を変えて支持率上げようってんなら、アベちゃん辞めないと。
前防衛相も「アイ・シャル・リターン」とか言ってたそうだけど、別に待ってないから。
もう戻ってこなくていいよ。
この人たち、本当に自分のことしか考えてないんだろうな。
BlogPet 9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

死んだ男の残したものは

「フォークジャンボリー2002」の続きです。
高田渡さんの演奏が終わると、小室等さん&こむろゆいさんの父娘対談。
「今から1,2ヵ月前ぐらいかな。
 僕は渡さんとよく一緒にコンサートやらしてもらうんですけれども、渡さんと二人だけでやるってのがあったんですよ。
 しかも夜9時ぐらいからね、二人で三十分ずつぐらい歌うっていうことがありましてね。
 ひさしぶりに演奏不能な渡さんにお会いしましてね。
 
「私が先に三十分ぐらい出て、その後交替して渡さんが三十分。
 そして最後に今の生活の柄を一緒にやろうねといったようなことで、控え室に。
 間の悪いことに、控え室にお祝いの一升瓶ぼんぼんぼんとあったんですよ。
 飲むなとは言えませんからね、まちょっとほどほどにみたいなことで。
 僕と一緒に飲んでる時には、渡さんも気遣ってたんでしょうかね。
 なんとなくちびちびやってるの。
 で、渡、俺先に行くからねって言うと、うん後から行くからって。
「これが危ないなあとは思ったんだけど。
 俺がいなくなった三十分の間にねえ、コップ酒でキューッ、キューッ、キューッってやってきて。
 で、僕と交替して一曲目が始まったらね、もう空振りはするわでねえ。
 ほんで同じ歌詞を何度も歌ってるしね。
 どうにもステージにならない。
 
「それでねえ、お客さん。
 誰一人怒る人がいないのね。
 むしろ、これがあの、伝説の高田渡ストーリーかあ、いいもの見たなあみたいな感じでねえ。
 珍しいよねえ。
 演奏不能になってみんなが喜ぶなんて、渡以外には。」
フォークジャンボリー2002
この後、坂田明さんが舞台に登場して、小室父娘との鼎談になります。
「ある日、坂田さんが言いましたね。
 あのね、俺はフォークが嫌いなのよ。
 おっしゃいましたよね。」
坂田さん、めちゃくちゃおもしろいです。
「んー、言ったな。
 さっき渡が帰ってきたから、やっぱりフォークっていいねって言ったら、うそつけって。
「そう、苦手ですよ、やっぱり。
 あのね、人間がやっぱりヤクザ者だから、なんか素直に今日は空がきれいだねえとかね。
 自転車に乗って行くとかねえ。
 勝手に行ってろ、ばかやろってね。
 洗濯……じゃねえ、たらい持って一緒に銭湯行こうとかさ、そういう歌あったじゃない。
 なんか川のそばに住んでてさ、アパート住んでて。
 やかましいわあ、おまえら。
 っていう感じの。
 だからそういう音楽やってたから、それを認めたらね。
 そういう歌を認めていいねって言ってちゃ、自分がすごく不安になるわけ。
「俺は毎日塩サバとかさ、あとはサッポロ一番のラーメンとかさ。
 そういうの食ってたわけよ。
 生活形態は変わらないんだけど、そういう生活を美化するってのはやだな。
 別にこっちは美化したくてやってんじゃない。
 仕方がないから、金がねえからね、そういう生活になってるだけであって。
 望んでやってるわけじゃないわけ。
 もっと世の中変えなきゃいけないとかさ、どっちかというともっと過激なことを考えてたから。」
この後元祖ハナモゲラを披露して、小室さんと坂田さんで「死んだ男の残したものは」を演ります。
坂田さんは今年の春一番で、この曲をやってくれましたっけ。
 →幻泉館日録:祝春一番2007 第3日 #2
いいなあ、坂田さん。
『ひまわり』という優しいアルバムの収益は、チェルノブイリやイラクの子供たちのために遣われるそうです。
 →CD『ひまわり』
ひまわり
坂田明/ひまわり
1. ひまわり
2. 見上げてごらん夜の星を
3. ウェディング・マーチ
4. 遠くへ行きたい
5. 死んだ男の残したものは
6. 早春賦
7. 水母
8. G線上のアリア
赤とんぼ 坂田明 mii/赤とんぼ
1. 赤とんぼ
2. Tsombon Tuuraitai Khuren
 (丸い蹄を持った褐色の馬) モンゴル民謡
3. 鰰 記録映画「白神の夢」より
4. A Good for Nothing(役立たず)
5. Wann kann ich sie wiedersehen?
 (皆さん、今度何時会えますか)
6. 家路(Going Home)
BlogPet 9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

風の詩を聴かせて

土曜日の夜にNHK総合で桑田佳祐さんのライブ番組をやっていた。
約一時間の番組で、途中にドラマのようなイメージ映像が入るもの。
なんだか中途半端だなあと思ったら、BSでもう少しちゃんとしたライブ映像を流してくれるらしい。
ということで、録画予約メモ。
うちはハイビジョン機器がないので、BS2ね。
●9/2(日) 23:45?25:15
 NHK BS hi「スーパーライブ 桑田佳祐 ?風の詩を聴かせて?」
●9/7(金) 21:00?22:30
 NHK BS2「スーパーライブ 桑田佳祐 ?風の詩を聴かせて?」
ああ、先に日本テレビ系列でも、ちょっとやってくれますな。
これは違うライブなのかしらん。
●8/26(日) 23:30?24:20
 日本テレビ系 Music Lovers 50分拡大スペシャル
 『夏の終わりの桑田まつりスペシャル』
そういえば、たぶん8月に放映予定だった「フォークの達人」が9月にずれこんでました。
●9/1(土) 23:00?24:28
 NHK BS2「フォークの達人」
 海援隊
 →NHK フォークの達人
BlogPet 9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

ソフトクリームの歌

CSで録画しておいた「フォークジャンボリー2002」を見る。
2002年8月29日東京五反田ゆうぽーと簡易保険ホール。
番組冒頭で名前の挙がる4人は、小室等さん、高田渡さん、尾崎亜美さん、南こうせつさん。
小室等さんがメインのようで、娘のこむろゆいさんとのトークでステージが進行していきます。
最初に小室さんで、TVドラマ『木枯らし紋次郎』のテーマソングだった「誰かが風の中で」。
おお、右側で佐久間順平さんがギターを弾いています。
次に及川恒平さんと四角佳子さんがステージに出て、まるで六文銭のようにで「面影橋」。
こんな大勢の観客の前で歌うのは30年ぶりだと、おケイさんが緊張しています。
楽団六文銭のメンバーである順平さんはそのまま演奏を続けます。
トークゲストで斎藤晴彦さんが出てきて歌ったり、坂田明さんが出てきて演奏したり、なかなか楽しいステージです。
が、詳細は置いておき、とにかく渡さんのステージですわ。
紹介されて渡さんが椅子に腰をおろし、足元のペットボトルから水を飲みます。
「酒じゃないの?」と、野次が飛びます。
ひと呼吸おいて、「そんな中途半端なものは、飲まないんだ、ねえ、もう」。
「うちが三鷹の方にありますもんでね、今日こちらにやってくる時は一苦労でしたね。
 うちを出た時は11時半でありましたね。
 11時半で、井の頭線に乗るために、15分ぐらい歩きます。
 歩いて、暑いなと思いましてね。
 行きつけの焼き鳥屋がちょうど12時にやってるの。
 そこで暑いからね、ビールでも飲んでかなきゃ。
 五反田まではまともに行けそうもないなと。
 だんだん冷えきってくると、だんだん行くのが嫌になっちゃって。
 別に他にもたくさんいるんだからいいんじゃないかって。
 
「それでもまあ、こっちまで来てね。
 五反田などというところは、もう人が住んでるという感じじゃなくて、行ったこともないもんですからね。
 あんまりいいものを持っていません。
 五反田などというものはなくなってしまえなどと思っていたりもしまして。
 好き勝手言ってますが。
 
「では、トンネルの唄というのをやります。」
渡さんの弾き語りに、順平さんがマンドリンで伴奏をつけています。
渡さんのギターは12フレットまでしかフレットが打っていないという、奇妙なもの。
ヤマハの特注品だったかな。
「トンネルの唄」が終わると、客席から声がかかります。
「珈琲不演唱(コーヒーブルース)」
「え?、そいういうのは、予定しておりません。
 出演者がこれだけたくさんいる時にですね。
 そうことができればいいけど、ねえ。
 できない。
 やりたい気持ちは……」
ここでこんどは女性の声で「アイスクリームの歌!」とリクエスト。
「え?、それくらい短いのは、できそうな気がする。
 え?、長いのはダメだね。
 あっと終わってしまうようなやつだったら何曲でもあるからね。
 でもそれを何曲もやっちゃうと一曲分になっちゃうものね。
 まずいなあと思います。
 え?、では、ご希望にお応えして。
 アイスクリームの歌だ……。
 前どっかでやった時にね、リクエストしたいんですけどもって言ってね。
 何ですかって言ったら、ソフトクリームの歌って言ったけどね。
 笑っちゃったことがあります。」
渡さんがおなじみ「アイスクリーム」のイントロを弾き始めると、会場から手拍子が起きる。
「え?、そういう歌ではありません。」
前奏やりなおし。
「ひさしぶりに弾くもんですから、震えているので、そういうことをしないでもらいたいですね。」
確かに一度目は少し音を外していた。
「では、今ごろ、時期的にという言い方は失礼かもしれませんが、いいかなと思って。
 今日はなんとなく不思議な気がしまして。
 この、照明のせいなんでしょうね。
 なんとなく、こう、人影が、ヨコシマにうつってるんですね。
 ぼんやりと浮いているのは、あっちの像、こっちの像がうつってるという。
 やってる方はなんとなくぞっとするような気がします。
 まとまってばっと照明があるんならいいですけどね。
 要所要所にぴかっと光ってるなんてのはね。
 それでもうちょっと上手にするんだったら、ミラーボールかなんかつけちゃったりして。
 おもしろくなるでしょうけどね。
 では、ブラザー軒というのを。」
確かにいつのまにか客席のところどころを照明が照らしている。
「ブラザー軒」では、順平さんは小さいギターのような形の楽器を弾いている。
エンディングで順平さんが弾くのを見ている渡さんの表情がおもしろい。
フォークジャンボリー2002
「こいのぼりの替え歌!」
「は?」
「……でしょ」
ここは聞き取れない。
「僕のせいじゃありません」
「え?、置かれた条件でありますんでね。
 本当はどこかでじっくり見ていただける人がいれば、知ってると思いますけどね。
 私だけのステージにしますと、一番最後にお客さんが真っ青になって帰ることがあるんですね。
 2時間ぐらいこの調子で行くわけですから、もう。
 逃げ場がなくなるようですね。
 それでもいいというんだったら、それでもいいんですけどね。
 もうずいぶん前に、バックに4人ほどつけてやったことがあるんですけどね。
 3時間40分という時間やりましてね。
 アンコールという言葉が一言もでなかったことがあります。
 これぐらいがちょうどいいと思います。
 では、ラストの歌にします。
 長いことどうもありがとう。
 まだまだいっぱい出てきますからね。
 生活の柄という歌を歌います。」
少し早いテンポで「生活の柄」。
順平さんがマンドリンを弾いて、コーラスを付ける。
この時には、渡さんの首の後ろはもう大きくふくらんでいる。
BlogPet 高田渡 BOX
9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

王様は裸だと言った子供はその後どうなったか

午後少し暇になったので、近くの本屋さんまで歩いた。
途中で人だかりがしているので何かと思ったら、「ギャル曽根だ!」と言っている。
あ、ほんとだ。
地域局の食べ物番組の収録。
お店の前の様子だけなので、豪快に食べるところは見えなかったのです。
本屋さんで出版社のPR誌をもらって戻ってくると、お店の中で収録中。
まだ野次馬が少し残ってました。
青春と読書
集英社の『青春と読書』をぱらぱらと眺めていたら、以前ちらりと読んだ森達也さんの連載が一冊の本にまとまって出版されたのに気づいた。
気がつかなかったな、さっき買ってくれば良かった。
 →幻泉館日録:はるか青春
そうそう、連載時は「新お伽草紙」というタイトルで、ドン・キホーテの回を読んだのだった。
   王様は裸だと言った子供はその後どうなったか
おっと、森詠さんの『はるか青春』も、もう本になって出てるじゃないか。
急いで注文しておかないと。
   はるか青春
BlogPet 9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

ラブ&ピース #7

今月中に使えという、楽天市場のポイントが意外にたくさん届いたので、サンダルを買うことにした。
色をどうしようか悩んだ末、二足買うことにした。
二足のサンダル。
二色のサンダル。
例のHOLEY SOLES(ホーリーソールズ)なので、ベルト(ストラップ)を交換すると、ちょっといいかもしれない。
で、すぐに届いたですよ。
早速ベルトを交換して、あらかじめ仕込んでおいたピースマークのジビッツを差し込んでみる。
これでとりあえず自分のホーリーソールズ・エクスプローラーになりました。
Holey Soles
うむ、変なおじさん。
まあいいや。
さあ、ジビッツ集めよう。
BlogPet
9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー

比叡おろし

ヤフオクで1973年の「ヤングギター」に9千円の値付けがしてあった。
すごいなあ。
もちろんこの値段で入札している人はいない。
数年前にこの手の古本を探した時の十倍以上の価格だものな。
枕元に積んである山の中から新譜ジャーナルを一冊引っ張り出した。
今夜の夜泣きのネタだ。
1973年8月号。
前に表紙をスキャンしたから上の方にあったのかな。
特集 I「よしだ・たくろうの新しい世界」
特集 II「井上陽水絶唱集」
拓郎さんがアルバム『伽草子』、陽水さんはシングル「夢の中へ」がヒットした頃だ。
春一番コンサートの写真もあって、おなじみの面々の若い頃が写っている。
比叡おろし
ぱっと開いたページがおかしいことに「●なつかしのメロディ●」。
松岡正剛さん作詞作曲の「比叡おろし」だった。
この曲は小室等さん、それから小林啓子さんの歌でおなじみだった。
 →小林啓子オフィシャルWEB -amazing grace-
始まりでもなく 終わりでもなく
小室等 BOX
数千円のクラシックギターを買ってもらった中学生の時。
Amで4弦と3弦を続けてハンマリングオンするとこの曲のイントロになるのがわかって、とても嬉しかった。
それで中学生だった私もギターで夜泣きをしたわけです。
いつまでも、くそ暑いなあ。
せめて夜中に雪女の歌でも歌おう。
 ♪ 風は山から降りてくる
 ♪ レタスのかごをかかえて
 ♪ 唇はくびれていちご
 ♪ 遠い夜の街を 越えて来たそうな
どういう経緯で松岡さんがこの歌を作ったのかは知らない。
でも、検索したら確かにご本人が「21歳のときに作った歌」と書いていた。
 →『キリマンジャロの雪』アーネスト・ヘミングウェイ 松岡正剛の千夜千冊・放蕩篇
 ♪ うちは比叡おろしですねん
 ♪ あんさんの胸を雪にしてしまいますえ
 ♪ うちは比叡おろしですねん
 ♪ あんさんの胸を雪にしてしまいますえ
BlogPet 9条を殺すな!
www.iraqbodycount.org www.iraqbodycount.org
www.iraqbodycount.org

幻泉館 リンク用バナー